アメリカのタコベルが都会派レストランに路線変更?メキシカン・ファストフードを世界に広げたタコベルの新たな冒険、日本の店舗にはない新サービスをご紹介!

タコスが食べたくなったら、とりあえず目指すべき場所は決まっています。もちろん、国境を越える必要はありません。アメリカには、メキシカンを取り扱うファスト・フード店が山ほどあります。とにかく選び放題ですが、すぐに見つかって速攻でメキシカン欲求を満たしたいなら迷わずタコベルへ!今回は、アメリカにあるメキシカン・ファストフード・チェーンの最大手、Taco Bell(タコベル)についてご紹介します。

アメリカのメキシカン・ファストフードを開拓、日本にも店舗を増やすタコベルとは?


タコベルは、1962年に創業者であるグレン・ベルによって、カリフォルニア州ダウニーで誕生しました。2017年の時点でアメリカ国内に6,000ヶ所以上、その他27カ国に約500ヶ所の店舗を展開しています。日本にも再上陸を果たし、今後日本のメキシカン・ファストフード界を席巻するかもしれない存在です。コンビニでチンするブリトーも美味しいですが、タコベルのブリトーは別物!1度食べたら離れられなくなる、やみつきのメキシカンを気軽に頂けます。

タコベルにアレがない問題がついに解消?飲みたい大人はTaco Bell Cantinaへ!


アメリカにある殆どのタコベルでは、アルコール類が置いてありません。タコベル・ジャパンのユーザーなら、ちょっと驚くはずです。日本のタコベル全店舗ではビールが販売されており、公式にタコス×ビールの広告を打ち出しています。本場アメリカのタコベルにビールがないなんて、ガッカリの極みと落ち込む人も多いでしょう。もし、諦めきれないのであれば、ビールも飲めるレストラン仕様のタコベル店舗、Taco Bell Cantina(タコベル・カンティーナ)を探してください。Taco Bell Cantinaは、大人世代に好まれる、モダンで洗練された次世代のタコベルです。まだ数は限られていますが、今後もCantinaスタイル店舗の増加が予定されています。

ハッピー・タコベル・ウェディング!夫婦の第一歩はタコベルから始めよう


タコベルで永遠の愛を誓いましょう。タコベルのラスベガス店には、ウェディング・パッケージの用意があります。ちなみにコチラもTaco Bell Cantinaです。利用料は600ドル、挙式&披露宴代を含めて記念品(「Just Married」Tシャツやホットソースのブーケなど)もついています。参列者の数は最大15人まで、ささやかでも思い出に残る式になることでしょう。新郎新婦がタコベルのファンであれば、これほど素晴らしい人生の門出はありません!

歩くタコベルの宣伝塔に変身!タコベルのロゴが入ったアイテムでオシャレしよう


タコベルで愛を誓うのではなく、タコベルへ愛を誓いたい?タコベル・マニアを自称するなら、まずは形から入るべきかもしれません。タコベルを身に纏いましょう!もちろん、タコスを体に貼り付けろとはいいません。タコベルには、マニアの欲求を満たす素晴らしいブランドアイテムがあります。Forever21とのコラボによって誕生したロゴ入りTシャツやパーカーなど、まずは手堅くタコベルをファッションに取り入れてみましょう。それでも足りないと思うのであれば、Taco Bell Cantina(ラスベガス店)でタオルやキーホルダーを探してください。

アメリカ定番のドラブスルーを取り払い、カジュアル路線からの転換を図るタコベル。果して、追随するメキシカン・ファストフード・チェーン店から逃げ切れることができるでしょうか?どこまでタコベルが変化を遂げるか、タコス片手に行方を見守ってください。