日米電圧の違い、日本で使っていた電化製品をアメリカでそのまま使える?渡米時、帰国時の家電の取り扱いについてまとめてみました

日本からアメリカに来るとき、日本で使っていた家電を持ってきたい方も多いのではないでしょうか。日本の家電をアメリカで使う場合、問題になるのが電圧の違いです。今回は、電圧の違いから、渡米時、帰国時の家電の取り扱いについてまとめてみました。

電圧とコンセントの違い

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Thea Boodhoo (@tharkibo) on


日本とアメリカでは電圧(Voltage)と周波数(Frequency)が違います。

日本の電圧は100V、周波数は東日本で50Hz、西日本で60Hzなのに対し、アメリカの電圧は120V、周波数60Hzです。世界的に見るとアメリカの方が電圧と周波数が共通している国が多く、日本の環境はユニークなものになります。明治~大正時代に欧米の制度をバラバラに導入したことと、安全面から日本の電圧と周波数は複雑になってしまったそうです。

コンセントはどちらも「Aタイプ(2本のピンのタイプ)」で基本的には同じ形です。しかし、アメリカのプラグはマイナス側が大きく作られていて、日本のものよりプラスマイナスの違いがはっきりしています。アメリカの家電には三又のものもあります。

海外対応の電化製品

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 諸星 優 (@disney_christmas_) on


最近は海外対応の電化製品も多いので、家電の選び方によっては変圧器が不要です。海外対応になっているものにはスマートフォンの充電器やパソコンなど、携帯して持ち運べるものが多いです。

「100~240V」「50-60Hz」など製品のどこかに対応電圧・周波数の表記が必ずあります。アダプターとコードで対応電圧がバラバラになっていることもあるので要注意です。「コードだけ100V仕様」というケースもあるので、その場合は変圧器を使いましょう。

日本から持ってきた家電

 

View this post on Instagram

 

A post shared by キレイShop公式 (@kireishopjapan) on


プラグは三又仕様のコンセントにもそのまま差し込んで使うことができますが、海外非対応の製品は変圧器が必要です。

変圧器を選ぶときには消費電力(W)を確認します。持っていく予定の電化製品を決めてから、その消費電力にあった規格の変圧器を選ぶと失敗が少ないです。

対応W数が大きくなるほど変圧器は大きく重く、高級になる傾向があります。アイロンやドライヤーなどの消費電力が大きいものは、持っていくよりアメリカでの購入を検討した方が良いかもしれません。予算に合わせて検討してみましょう。

日本に持ち帰るアメリカの家電

 

View this post on Instagram

 

A post shared by スズキハウス (@suzukihouse.1974) on

まず、プラグの確認をしましょう。三又の場合は変換プラグが必要です。Aタイプの場合はそのままコンセントにさせますがマイナス極が日本より大きく作られているので、日本製の延長コードやタコ足配線が使えないことがあります。形状が似ているので「細工したらさせそうだ」と考える方もいるようですが、三又の真ん中の棒やマイナス極を削るのは危険なので絶対に止めてください。

電圧・電流の表記を確認し、100Vと50~60Hzに対応していればそのまま、なければ変圧器を使います。

5. 注意点

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MAXIMUS SPORTS DUBAI UAE (@maximussports) on

●日本製の家電をアメリカにもっていくときも、アメリカの家電を日本に持ち帰るときも変圧器を使わなくて作動するかもしれません。しかし、機械の故障や火災の原因になるので避けた方が良いです。
●変圧器について先に渡米・帰国した人に聞くと「無くても使える」と言われるかもしれませんが、故障や火災のリスクがあるのは同じです。「自分も大丈夫だろう」と思いこみすぎないこと。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by HERO onese1f, Blamon. JAPAN (@hero_onese1f_hiroshima) on

せっかく長旅を乗り越えて持ってきた家電が壊れてしまっては悲しいですよね。渡米前、帰国前は家電の電圧を把握してからパッキングしましょう。変圧器も重くてかさばるので、特にこだわりがなければ最初から海外対応製品を選んだ方が簡単かもしれません。荷物の量と輸送代も加味しながら、持っていくものを取捨選択できるといいですね。