アメリカに行くなら知ったおきたいVISA(ビザ)とESTA(エスタ)、アメリカ入国に必要なこの2つを徹底解説!

アメリカへ入国するためにはいったい何が必要になるか、ご存知でしょうか?パスポートや飛行機の搭乗券など事前に準備しなければならない物は色々ありますが、うっかり見落としがちなものがあります。それは、VISA(ビザ)とESTA(エスタ)です。今回は、アメリカ滞在において最重要とも言えるアイテムの一つであるVISA(ビザ)とESTA(エスタ)について、詳細にご紹介していきます。

VISA(ビザ)とは?

1-2
VISA(ビザ)とはズバリ、国家が自国民以外に対して入国を許可する証書のことです。条件としてその人の所有するパスポートが有効であることが必要です。VISA(ビザ)は入国を保証するものではなく、入国許可申請に必要な書類の一部とされています。多くの国ではこのVISA(ビザ)制度を運用していますが、一定の条件内で査証免除が行われる場合も多々あります。国によってはパスポートの他に、事前にVISA(ビザ)を取得していないと入国できない国があります。アメリカ滞在を希望する全ての日本人は、観光/商用で短期(90日以内)滞在をする場合を除き、入国前に在日米国大使館/領事館からその目的にあったVISA(ビザ)をあらかじめ取得する必要があります。

アメリカのVISA(ビザ)の種類

アメリカには移民ビザと非移民ビザがあります。移民ビザはグリーンカード所持者(アメリカ永住者)に関するものです。今回はVISA(ビザ)の中でも、非移民ビザをご紹介します。まず、その種類は以下の通りです。

Aビザ: 外交官
Bビザ: B-1 短期商用、B-2 短期観光
Cビザ: 通過、トランジット
Dビザ: 乗務員(船、飛行機)
Eビザ: E-1 商用駐在員(貿易家)、E-2 商用駐在員(投資家)、E-3 商用駐在員(オーストラリア人専用)
Fビザ: F-1 学生
Gビザ: 国際機関関係職員
Hビザ: H-1B 短期就労者(専門職)、H-2B 短期就労者、H-3 研修
Iビザ: 報道関係者
Jビザ: 交流訪問者(交換留学生・研究者)
Kビザ: 婚約者
Lビザ: L-1A 系列企業内転勤(管理職)、L-1B 系列内転勤(専門職)
Mビザ: M-1 職業訓練、専門学生
Nビザ: 特別移民関係者
Oビザ: 卓越能力
Pビザ: アスリート芸能人
Qビザ: 認定プログラム参加者
Rビザ: 宗教活動家
Tビザ: 奴隷貿易被害者

かなり種類が多いですね。それぞれのVISA(ビザ)で細かく取得条件が定められています。VISA(ビザ)によってはアメリカで収入を得てはいけないものや、扶養家族のためのVISA(ビザ)などがあります。既述の通り、日本人の場合はB-2の短期観光ビザとCのトランジットビザの取得は免除されています。これらのVISA(ビザ)の情報は頻繁に細かい改定が入っていますので、最新情報はアメリカ大使館へお問い合わせください。

私はどのVISA(ビザ)を取得すればいいの?

あなたは何のためにアメリカへ入国する必要がありますか?観光?留学?ビジネス?恋人に会いに?永住のため?注意が必要なのは、各書類を揃えてアメリカ大使館へVISA(ビザ)を申請しても、必ず取得できるわけではないということです。

観光ですか?

既述の通り、90日以内であればVISA(ビザ)は不要です。90日を超える場合はB-2を申請すれば良いのですが、VISA(ビザ)は申請すれば必ず取得できるわけではありません。また費用もかかるため、ほとんどの人はこの90日以内を目安にアメリカへ観光で渡るのではないでしょうか。その場合、後述するESTA(エスタ)というビザ免除プログラムを利用し、アメリカに入国できます。観光はESTA(エスタ)、と覚えてください。

留学ですか?

学生のためのVISA(ビザ)はF-1ビザと呼ばれます。このVISA(ビザ)は最長5年が原則で認められれば、延長可能です。VISA(ビザ)を取得するためには、就学予定の学校からI-20と呼ばれる入学許可証、就学中の学費・生活費などの資金が十分にあることを証明する銀行発行の残高証明、履修後すぐに帰国する意思を示す書類の提出が必要です。

ビジネスですか?

ビジネスのVISA(ビザ)はかなり複雑で、色々な種類があります。あなたの立場や目的によってどのVISA(ビザ)を取得するべきか違ってきますので、大使館に問い合わせをしたり、場合によっては移民弁護士に依頼する必要があるかもしれません。もしも短期の海外出張であるならば、観光/商用で短期(90日以内)滞在に該当しますので、VIISA(ビザ)の申請は不要です。ビジネスのVISA(ビザ)に関してご質問やご相談がある方は、mAmericaご相談フォームよりお気軽にお問い合わせください。

恋人に会いに?

あなたの恋人がもしもアメリカ人で、アメリカ入国後90日以内に入籍する方は、Kビザの申請が可能です。アメリカ人と結婚すると、配偶者にはアメリカに居住する権利を得られるグリーンカードが付与されます。このグリーンカード目的の偽装結婚の犯罪などがあるため、このKビザを取得するためには恋人である色々な証拠をVISA(ビザ)申請の際に提出する必要があります。恋人に会いに来ただけならば観光での入国になりますね。ビザ無しでただ単に恋人に会いに来たって入国審査で申告すると、かなりの高確率で別室に連れていかれ、不正入国を疑われ根掘り葉掘り聞かれることになります。その場合は、観光と言っておいたほうが無難といえるかもしれません。

永住のため?

もしあなたが何らかの理由でグリーンカードを取得したのであれば、移民ビザが発行されます。アメリカに入国する人の多くは、観光もしくは短期の出張になるかと思いますので、その場合はESTA(エスタ)の申請のみで、VISA(ビザ)の申請は不要です。観光だからVISA(ビザ)は不要と安心した方、実はVISA(ビザ)の申請は不要ですが、ESTA(エスタ)という電子認証システムへの申請と料金14ドルを支払う必要があるんです。

ESTA(エスタ)って何?

ESTA(エスタ)はElectronic System for Travel Authorizationの略で、アメリカ電子渡航認証システムのことです。2009年1月12日より、日本を含む全てのVWP対象国の方が、VISA(ビザ)なしの観光や商用で米国に90日以下の渡航をする場合、ESTA(エスタ)認証が必要となります。観光ビザは不要ですが、ESTA(エスタ)なしでアメリカに入国することはできませんので、注意が必要です。このESTA(エスタ)は14ドルの申請料を支払う必要があります。1度承認されると、2年間または申請者のパスポートの有効期限まで何度でもアメリカへ入国できます。

パスポートの条件

2016年4月1日より、ビザ免除プログラムでの渡航者はEパスポート(IC旅券)の所持が必要になります。すでに有効なESTA(エスタ)を取得している渡航者も該当します。

パスポートの有効期間

パスポートの残存有効期間は米国に入国する日から少なくとも90日必要です。残存期間が90日以下の場合は、パスポートの有効期限日までの滞在期間が許可されることになるでしょう。VISA(ビザ)申請は不要でも、入国するならば身元をちゃんと明かしてね、ということでしょう。昨今は世界中でテロや色々な人種問題からの犯罪が発生しています。このESTA(エスタ)の条件も頻繁に更新されますので、最新情報を入手するようにしてください。

ESTAの申請が必要な人、申請方法

ビザ免除プログラムで観光/商用で短期(90日以内)滞在をする場合、必ずESTA(エスタ)の申請が必要です。VISA(ビザ)を申請・取得した上でアメリカへ入国する人はESTA(エスタ)は不要です。ただ、条件によってはESTA(エスタ)が必要になることもありますので、必ず確認の上アメリカへ出発してください。ESTA(エスタ)を申請していないことによって、アメリカ行きの飛行機に乗せてもらえない場合もあります。以下、いくつかの例をご紹介しておきます。

1年前にパスポートを取得し、ESTA(エスタ)も申請し渡米しました。来月また渡米の予定がありますが、その時にESTA(エスタ)を申請する必要はあるか? =>なし

半年前にESTA(エスタ)を申請し、渡米しました。半年前に結婚のため新しいパスポートを作りました。ESTA(エスタ)を申請する必要はあるか? =>あり

1年前にESTA(エスタ)を申請し、渡米しました。私の有効期限内のパスポートはIC旅券ではないですが、来月渡米できますか? =>できない

E-2ビザでアメリカ居住してましたが、3ヶ月前に帰国しました。来月観光で渡米予定ですが、VISA(ビザ)があるのでESTA(エスタ)は不要ですよね? =>必要

上記は2016年8月時点での一例ですが、その条件は急に変更になることもあります。必ず事前にESTA(エスタ)の申請が必要か確認しましょう。ESTA(エスタ)の申請はインターネット以外での申し込みは受け付けていません。申し込みページは日本語での説明がありますが、入力は全てローマ字です。決して難しいものではないのですが、自分での入力が不安な方、支払いがクレジットカードのみでそれが難しい方には、旅行代理店が代行するサービスも出ていますので、お近くの旅行代理店までお問い合わせください。手数料は各社5,000円以上はかかるようなので、高い!と思う方は自分でチャレンジしてみても良いかもしれません。

アメリカ入国で必要なもの、VISA(ビザ)とESTA(エスタ)について、少しでも理解していただけましたでしょうか?法律が絡みますし、適用がケースバイケースだったりして、なかなか難しい分野ですが、アメリカ入国には大事なことなのでしっかり確認して準備しましょう!本記事の内容に関して、ご質問やご相談がある方は、mAmericaご相談フォームよりお気軽にお問い合わせください。