アメリカのレストランで聞かれて困る4つのこと

海外旅行でも駐在でもアメリカで外食する機会は良くあるはずです。

アメリカは日本とは違い、ウェイター・ウェイトレスの方とコミュニケーションを多く取る傾向にあります。

ウェイター・ウェイトレスは基本的にテーブル担当です。
自分のテーブル担当以外のウェイター・ウェイトレスは用事は聞いてくれないことが多いです。

なぜそうなるかというと、自分が担当したテーブルのチップはその人が時給とは別にもらえるところが多いからです。

さて、本題ですが、レストランでウェイター・ウェイトレスとのコミュニケーションで、”よく聞かれる”、”知らないと困ってしまう”4つのことをご紹介します。

1.お肉の焼き加減を聞かれます

これは日本語でも馴染みがあるので簡単かと思います。

アメリカは圧倒的にステーキを食べる機会が多いです。

そしてその時に必ず聞かれるのが、お肉の焼き加減です。

How do you like your steak?

お肉の焼き加減はいかがいたしましょうか?

  • レア:rare
  • ミディアムレア:medium rare
  • ミディアム:medium
  • ウェルダン:well done

もっと細かい指定をしたい場合は、「half way between medium and well done」というように◯◯と◯◯の間、といったような指定も可能です。

お肉の焼き加減に関しては日本と同じですので、抵抗なく使えるかと思います。

2.卵の焼き加減について

これは朝食を外食にするとよく遭遇する状況です。

朝食プレートなどを頼むと卵が含まれていることが多いですよね。

その際、必ず卵をどのように調理するか聞かれます。

How would you like your eggs?

卵のお好みは?

これはお肉の時と全く同じ文で、your steakとyour eggsが違うだけですね。
ただ卵はお肉と違って、回答内容は全く想像つかないかと思います!

  • Sunny-side up:片面半熟(目玉焼き):
  • Over-easy:両面焼き半熟(目玉焼き)、黄身はほぼ生で白身は柔らかいです。
  • Over-medium:両面を中程度に焼いたもの(目玉焼き)、黄身は少し固いです。
  • Over-hard/Hard:両面を固く焼いたもの(目玉焼き)、黄身には完全に日が通っています。
  • Scrambled:スクランブルエッグ

店員さんにどんな種類がありますか?と聞いても、早口でこれらを説明されて、結局よくわからずスクランブルエッグと答えてしまうという悲しい状況にならないように、自分の好みだけは覚えておいて損はないです。

3.サラダのドレッシング

レストランでサラダを頼むと、何のドレッシングが良いか聞かれます。

日本はドレッシングの種類まで決まっていて、サラダとしてメニューに載っています。

アメリカは違うんですね。ドレッシングは選べるんです!

What kind of dressing would you like?

サラダのドレッシングはいかがいたしましょうか?

と、聞かれても日本人の私たちはパッとドレッシングの種類が浮かばないことがあると思います。
そんな時は聞いてみましょう!

What do you have?

何がありますか?

大抵下記のような回答がくると思います。
ranch, Italian, thousand island, blue cheese, balsamic vinegar, lemon juice

これもまた早口でたくさんの種類を言われるので、わからなくなってしまうことも多々。。。

そんな時、私の逃げ方は。。。

What is your recommendation?

おすすめは何ですか?と聞いてしまいます。

アメリカはウェイター・ウェイトレスにおすすめの食事を聞くことも普通なので、素敵な提案をしてくれるはずです。

4.チーズの種類

ハンバーガーやサンドウィッチもアメリカでよく食べる食事ですね。

全てのお店ということではないのですが、オーダーの途中で好みのチーズの種類を聞かれることも多いです!

What kind of cheese do you like?

どのチーズがよろしいでしょうか?

これはドレッシングと同じですが、お店にどのチーズがあるかわかりませんし、聞いてしまうのが良いかもしれません。

American、Swiss、Chedder、Provolone、Mozzarella、Pepper Jack、などが普通でしょうか。

チーズに詳しくない私は毎回オススメを聞いてしまうのですが、だいたい”American”がオススメと言われます・・・。

余裕があったら、毎回違うものにチャレンジしてみるのも良いかもしれないですね!

 

 

いかがでしたでしょうか。

英語で質問されると焦ってしまいますが、ちょっと準備しておけばスマートに対応できると思います!

レストランへ行く前に少しだけ英語のお勉強してきましょう。