え、簡単に買えると思ってたのに!アメリカで携帯電話を手にするのに苦労する理由

駐在でアメリカに来ることになった皆さんにとって、すぐに手に入れたいものの一つが携帯電話ではないでしょうか?

今では至る所で携帯電話が販売されているので、近所の携帯ショップで買おうと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

でもちょっと待ってください!

実はアメリカに来たばかりの日本人にとって、携帯電話を買うことはけっこう苦労をすることだということを知っていますでしょうか?

今回は、アメリカで携帯電話を手にするのに苦労する理由をご紹介していきます。

アメリカに来たばかりの日本人には『信用』がない!?

日本の携帯ショップだと免許証と日本のクレジットカードさえあれば、問題なくすぐに携帯電話を購入、契約することができますよね。

ところがアメリカではそう簡単な話ではないのです。

まずアメリカの携帯ショップが一番に気にすることは、「きちんと支払いされずに逃げられてしまうこと」です。

日本だとあまり考えにくいですが、アメリカでは良くあることで、きちんと信用できる相手と認定できないと、販売しないという方針になっています。

なぜ日本人の信用がないかについては、別記事「アメリカのクレジット事情」について言及されていますので、ぜひ読んでみてください。

クレジットスコアがなくて◯◯できない!困ったアメリカのクレジットカード社会

日本人の身分証明と支払い能力証明が疑わしい!?


まず、アメリカに来たばかりの日本人でアメリカの運転免許を持っている方はほとんどいないと思いますから、代わりの身分証明書を提示する必要があります。

多くの場合、パスポートがその代わりになりますが、これだとあなたが旅行客なのか、今後長くアメリカに駐在するのかがわかりません。

ビザを見せても、それは滞在可能期間を示しているだけであって、長く生活するのを証明するには不十分とみなされる傾向にあります。

また支払いについても、来たばかりの方はアメリカで発行されているクレジットカードを持っている方はほとんどいないと思います。

この辺りは、別記事「アメリカのクレジット事情」をご参照ください。アメリカでは日本のクレジットカードが通らないことが良くあるため、VISA、Mastarcardを複数枚以上持ってアメリカにいらっしゃることをオススメします。

日本人駐在員関係者にオススメの携帯電話購入方法

デポジット(保証金)を預けて購入する

購入する機器や通信キャリアによって異なりますが、相場としては$200~$400程度です。

この保証金は1年後に戻ってくるお金なので、支払いとは別になります。

携帯端末を一括支払いで購入し、プリペイドの契約をする

購入する携帯端末によって異なりますが、最新機種だと$700程度で端末代金を一括で支払い、購入することができます。

日系の携帯ショップに相談する

mAmerica運営母体であるMM Mobile, Inc.がそれぞれのお客様の事情に合わせて、適切なアドバイスをさせていただきます。

 

 

いかがでしたか?

契約などの手続きが日本以上に煩雑に感じるアメリカで、少しでも読者の皆様の負担が少なくなるのに貢献できれば嬉しい限りです。

携帯電話の購入に関してご質問、ご相談のある方は、ぜひお気軽にmAmericaご相談フォームよりご連絡ください。

いくら問い合わせても無料です、皆様からのご相談お待ち申し上げております!