ダラスフォートワース空港で無料Wi-Fiを使ってみよう!

アメリカで現在、最も成長が見込まれている都市をご存知でしょうか?そこはテキサス州ダラスです。もう少し大きな経済圏で言うと、ダラスフォートワース(DFW)と呼ばれ、多くの企業が進出や移転などでこのエリアにやって来ています。米国トヨタが移転を進めているプレイノもこのダラスフォートワースエリアの一つとして認識されています。2016年年末に、筆者がダラスフォートワース空港に訪れた際に、無料Wi-Fiが整備されておりました。今回はダラスフォートワースエリアに関するご紹介と、空港の無料Wi-Fiにアクセスする方法をお伝えしていきます。

ダラスフォートワースとは?

american-flags-1854255_1280
まずダラスフォートワースはその名の通り、ダラスとフォートワースという大きな二つのエリアが隣接しているテキサス州を代表する経済都市圏です。ダラスの人口は約128万人、フォートワースと合わせるとその数字はヒューストンを凌いで、州内の経済都市圏として一番大きな数字となります。JETROのレポートによると、「半導体や通信機器などのハイテク産業が集中していることでも有名で、市郊外も含めて500社以上の通信関連事業が集まる『テレコム・コリドー(通信回廊)』を形成しています。」とあり、日系米系問わず、多くの企業がダラスフォートワースに集まってきていることがわかります。

ダラスフォートワース空港について

luggage-1149289_1280
ダラスフォートワース空港は世界最大級のビジネス空港として知られており、アメリカン航空のハブ空港として、総発着数では世界第三位の規模を誇ります。ターミナルは5つあり、ターミナルDが国際線のターミナルとして利用されています。日本からは、日本航空が成田から直行便を飛ばしています。

ダラスフォートワース空港で無料Wi-Fiを繋いでみる

4c85c24fdbe36549c184b6b4c94d55b9_m
ダラスフォートワース空港のWi-Fiは全米第二位の通信キャリアであるAT&Tから提供されています。

まず、スマホの設定からWi-Fiの設定画面に行きます。

次に、「attwifi」、もしくは「att-24」というWi-Fiを探し、接続します。Wi-Fiの電波マークの横に鍵マークが無いものを選んでください。

すると、自動的にインターネットブラウザが立ち上がり、利用規約が出てきます。

こちらの条件に合意すると、インターネットに接続されます。自動的にインターネットブラウザが立ち上がらない場合は、「safari」などのブラウザからインターネットにアクセスしようとすると、利用規約の画面にたどり着けます。

いかがでしたでしょうか?快適に空の旅を過ごす前にインターネットが使えるのは大変助かりますよね。無料で利用できますので、ぜひ一度トライしてみてください!