アメリカで鶏肉を買う方法

アメリカで生活していると、スーパーマーケットで食料品や日用品を揃える際、幾度となく色々な壁にぶち当たります。

1つ1つ解決していくしかありません。

その中の1つに”アメリカでお肉を買う”という壁があります。

大して難しい話ではないのですが、種類が多くとても興味深いです。

今回はお肉の中でも、鶏肉の種類をご紹介します。

Thighs / Drumsticks / Leg Quarters

Chicken Thighs

唐揚げでお馴染み、鶏肉と言えば、の鶏もも肉です。

通常アメリカでは”Chicken Thighs”には皮と骨が付いてきます。

日本では鶏もも肉に皮は付いていますが、骨は付いてこないため初めて買われた方は驚くかもしれません。

骨なしが必要な方は、”Boneless Chicken Thighs”を購入する必要があります。

BonelessのものはSkinless(皮なし)のものが多いです。

Chiken Drumsticks

こちらはKFCでお馴染みの手羽元のことです。

Chicken Leg Quarters

鶏もも肉のことなのですが、手羽元ともも肉部分を切り分けていない状態のもので、すなわち骨つきもも肉のカットされていないものです。

Half Breasts / Wings

Chicken Half Breasts

こちらは半分の鶏胸肉です。

Chicken Wings

こちらは手羽です。日本の手羽先とは違う味付けですが、アメリカのバーやレストランでChicken Wingsは人気のおつまみです。

Boneless and Skinless

胸肉、もも肉の骨なし、皮なしのものです。

私たち日本人にとってはこちらの”Boneless and Skinless”が、日本で売られている胸肉、もも肉に当てはまると思います。

それぞれに骨が付いていると、骨なしに慣れている私たちは少し手こずってしまうかもしれません。

Ground Turkey

アメリカでは鶏ひき肉を見かけません。

Ground meatはひき肉の意味で、ハンバーガーのパテにも使われる牛ひき肉や豚ひき肉は見かけますが、鶏ひき肉は日本食スーパーなどでないと見かけません。

代わりにこのGround Turkeyがスーパーにあることが多いです。

ターキーですので、鶏ではないのですが、代用品として使えます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

スーパーマーケットによって、表現が少し違ったりすることもあると思いますが、どの場所でも大まかには同じかと思います。

鶏肉の種類を把握して、スーパーマーケットで迷うことなく買い物しましょう!