アメリカ子連れ里帰りは、どこの航空会社にしよう?日系・外資系航空会社の子供向けサービス比較

小さな子連れでのフライトは不安が多いですよね。子連れでの飛行機旅は事前の準備がとても重要で、特に航空会社選びは大事なポイントです。今回は、各航空会社の子供向けサービスまとめをご紹介します。各航空会社では、子連れ向けサービスをそれぞれ用意しているので、事前に問い合わせ、必要なものは予約をしておきましょう。

安心の日系航空会社

A post shared by Mari (@mari_lsb) on


子連れ向けのサービスに関して、きめ細やかでサポート体制が整っているのがやはり日系の航空会社。JALとANAは家族連れに大変おススメです。どちらも座席指定可能。当日ベビーカーの貸し出し、バシネット(赤ちゃん用ベッド)、赤ちゃん用毛布の貸し出しに加えて、優先的に機内に案内してもらえたり、機内で子供用おもちゃや絵本など、様々なサービスを受けることができます。

*JAL
JALでは「ベビーおでかけサポート」として専用窓口があり、予約の段階からきめ細かいサービスを受けることができます。機内では「ベビーと楽しむ空たびBOOK」が用意されていてCAの配慮も細かく安心して乗ることができ、子連れ旅のファミリーに人気です。
*ベビーお出かけサポート:http://www.jal.co.jp/inter/support/baby

*ANA
ANAも子連れ向けサポート体制がしっかりと取られています。ただ、チャイルドシートの用意はないため、必要な場合は持ち込みが必要です。ANAで人気なのがオリジナルグッズのおもちゃ。組み立てる飛行機やオリジナル折り紙など様々なものが用意されています。
http://www.ana.co.jp/serviceinfo/international/support/family

サービスに定評あり!アジア系航空会社

A post shared by Sawa F (@sawa1008) on


アジア系の航空会社もサービスには定評があります。特にシンガポール航空と大韓航空は子連れに優しいと評判です。

*シンガポール航空
CAのサービスの質の高さが人気のシンガポール航空。子供がぐずった時にCAさんが優しく対応してくれた!などという口コミが多く寄せられています。機内でもらえるキッズ向けおもちゃなども充実しています。
http://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/travel-info/special-assistance/travelling-with-children

*大韓航空
大韓航空もファミリーに人気のある航空会社。キッズ向けミールが美味しいと評判です。機内でも子連れには声かけなど色々と配慮をしてくれるようです。
https://www.koreanair.com/global/ja/traveling/services1.html

カジュアルなサービスならアメリカ系航空会社

A post shared by Chuck G (@thamusicmaker) on

アメリカ系航空会社でもバシネットやベビーカーの預かり、チャイルドシート持ち込みなど基本的なサービスは整っています。日系やアジア系のようなきめ細やかな機内サービスはありませんが、あまり子連れだからと言って構ってほしくない、という場合にはカジュアルなサービスのアメリカ系航空会社のほうが居心地が良いということもあるかもしれません。

アメリカン航空
https://www.americanairlines.jp/i18n/travel-info/special-assistance/traveling-children.jsp
デルタ航空
http://ja.delta.com/content/www/en_US/traveling-with-us/special-travel-needs/children.html
ユナイテッド航空
https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/specialneeds/infants/default.aspx

3社とも子連れ向け対応にはあまり大きな違いはないようです。細かい点は事前に問い合わせてみると良いでしょう。

小さな子供を連れてのフライトは大変ですが、CAさんが親身に対応してくれて良い思い出になったという声も多く聞きます。自分達に合った航空会社が見つかれば、その後の旅がグッとラクになりますよね。しっかりと下調べをして快適な旅を過ごしましょう!