アメリカではLINEは通用しない?! アメリカ人が使うメッセージ系アプリトップ3

日本のスマホ連絡手段の定番アプリと言えばやはり「LINE」ですよね。若者の間だけではなく、昨今では仕事でも広く使われています。

魅力はなんといってもEメールのように件名を入れたり、「XX様」、「お世話になります」など定型文を入れることなくすぐに送れてしまうことと、また賛否両論ですが「既読」になるシステムも流行った一つの原因でもあるかと思います。

日本のスマホ利用者の間では知らない人はいないくらい流行っているLINEですが、実はアメリカではほとんど誰も持っていないって知ってましたか?

実はLINEは日本をはじめとするアジア圏でのみ強いSNSアプリなんです。

アメリカ人が使うメッセージ系アプリ①Facebook Messenger

全世界で利用されているFacebookの「Messenger」アプリ。

さすがにアメリカ生まれだけあってアメリカ人はかなりの人が利用しているようです。

アメリカ人が使うメッセージ系アプリ②WhatsApp

WhatsAppとは英語のWhat’s up?(元気?、調子どう?)をもじったもの。

日本ではあまり利用者はいないと思いますが、日本でのLINEがアメリカではWhatsAppに当たるのではないでしょうか。
通信5-5

見た目はほとんどLINEと変わりませんし通話も可能ですが、決定的に違うのはスタンプがありません。

アメリカ人が使うメッセージ系アプリ③Text Message

日本でも途中からキャリア関係なく電話番号のみでメッセージが送れるようになりましたよね。

ショートメッセージやMMSなどと呼んだりします。

アメリカではこれを「Text」か「Text Message」といいます。

アメリカは昔からキャリア専用のメールアドレス(日本で言う@docomo.ne.jpなど)を使う文化が無く、携帯電話同士などキャリア関係なく電話番号でメッセージが送れていました。

スマホになってからはアプリで使いますが、ガラ系のようなフィーチャーフォンでは今でもEメールを使う感覚でTextします。

なのでこれはアプリというよりも電話の機能に近いですね。

 

日本ではLineが圧倒的シェアでみなさんの連絡手段になっているかと思いますが、それは日本だけの常識!世界ではまだまだチョイスがたくさんあり多様化されています。世界標準に近づくために、他のアプリも入れてみるのも良いかもしれませんね。