安くてボリューム満点のハワイ有名B級グルメ、絶対に押さえておきたい7つのローカルフードとは?

ハワイには素敵な高級レストランが多くありますが、安くてボリュームがあるローカルフードも実はたくさんあります。せっかくの旅で、ずっとレストランの食事も少し面白みに欠けますよね。そこで今回は、ハワイで人気のB級グルメをご紹介します。

シュリンプバスのガーリックシュリンプ

A post shared by uki (@00ukiii00) on


ハワイを代表するローカルフードといえばガーリックシュリンプです。ガーリックシュリンプは、炒めたエビとご飯がのったプレートです。ピリ辛に味付けされていて、暑いハワイでもモリモリ食べることができます。他にもメニューはありますので、ニンニクが苦手な人はココナッツシュリンプに挑戦してみてください。ココナッツを衣に揚げたフライで、ココナッツの甘みとエビがとてもよく合います。オアフ島の各地にカラフルな柄のシュリンプバスが止まっています。中にはローカルの人しか行かない穴場スポットもあるので、観光ブックに載っていない店を見つけたら挑戦してみてください。

チキンの丸焼き屋台のフリフリチキン

A post shared by Sachiko (@crea1203) on


チキンの丸焼きをしている店を見つけたら、そこではローカルに愛されるフリフリチキンが食べられます。さっぱりしていてご飯によく合います。見た目のインパクトも抜群で、ついつい写真を撮ってインスタグラムにアップしたくなりますよ。

ポキ・マグロ

A post shared by Haruka (@harudayo.jp) on

マグロのことをハワイ語でポキといいます。ハワイのマグロはとても新鮮で美味しく、お店などで食べるポキは醤油やごま油、薬味と共にマリネされているものが多いです。コンドミニアムなどキッチンがあるところにステイされている方は、ワイキキにあるMarukai Market(マルカイマーケット)でマグロが量り売りされています。新鮮なマグロの刺身が安価で手に入りますので、トライされてみてはいかがでしょうか。

アサイーボウル

A post shared by 山崎愛香 (@manaka_yamazaki) on

最近では、アメリカ本土でもヘルシージュースなどを取り扱う店で目にすることもあるアサイーボウル。ハワイ発祥で、ローカルのハワイアンには朝ごはんとしてよく食べられています。抗酸化作用の高いスーパーフードのアサイーのスムージーに、フレークや果物をのせたヘルシーな食べ物です。アサイーボウルをどこで食べたらよいかは、mAmerica別記事で紹介している「ハワイで絶対に食べたいアサイーボウルの名店5選」をご参照ください。

ハワイのラーメン・サイミン

A post shared by Keizo Okada /based in 🇯🇵🇺🇸 (@blueelephant3) on


ハワイのラーメンといえばサイミンです。サイミンはローカルのハワイアンが愛するラーメンのような食べ物です。透き通った海鮮だしのスープに、ラーメンとパスタの合いの子のようなもちもちしたちぢれ麺がよく合います。日本の多くのラーメンと違って、あっさりしているのが特徴です。

ハワイのお弁当屋さん

A post shared by coco.cha (@julycococha) on

ハワイには、ハワイのローカル料理が食べられる小さなレストランやお弁当屋さんなどが多く存在します。メニューも豊富で、ロコモコなどの代表的な食べ物もあれば、チキン、ビーフ、ポークなどのソテーやフライなど様々なメニューがあります。たいていメイン、マカロニサラダとライスなどが付いています。どこもおいしいので、それっぽいお店を見つけたらぜひ挑戦してみましょう。

パンケーキ

A post shared by 96815_HILIFEstagram (@i.am.jabbachan_) on


パンケーキはハワイの有名な朝ごはんなので、どこでも食べられます。ハワイならではなのが、ココナッツのシロップです。ハワイでパンケーキが食べられるお店ではよく置いてあります。白いソースが目についたら使ってみてください。お土産屋さんなどにも売っています。

今回はハワイのローカルB級グルメ的ローカルフードを紹介しました。ビーチで食べたり、ホテルの部屋に持ち帰ったりと、楽しみ方は多種多様。ハワイにはまだまだおいしいものがたくさんありますので、街中で気になるお店や食べ物を見つけたら挑戦してみて下さいね。