オアフ島での王道ドライブコースはコレだ、ワイキキ→カイルアタウン方面への海岸線ドライブ!

ハワイのオアフ島の楽しみ方の一つとして、ドライブは欠かせません。海外での運転経験がない人でも、オアフ島は親切なドライバーが多く、レンタカーを借りることも観光客向けに用意されており、ぜひ一度ハワイ旅行で試していただきたいハワイ旅行の醍醐味でもあります。今回は、オアフ島でドライブをする際に絶対に外せない王道ドライブコースをご紹介します。

オアフ島の醍醐味、海岸線ドライブ

A post shared by meyou_krym (@meyou_krym) on


観光でハワイを訪れた方の多くの人は、ワイキキに滞在すると思います。そして天国の海と呼ばれるラニカイビーチや、パンケーキの名店が多いカイルアタウンに行きたい人も多いはずです。そんなカイルアタウン方面への車での行き方は大きく分けて二つあります。一つは「パリハイウェイコース」、もう一つは「東海岸コース」です。パリハイウェイコースはワイキキ中心部から山を抜けて行くコースで約30分でカイルア方面へ行くことができますが、せっかくのハワイでのドライブの機会ということを考慮して、今回は、景色も同時に楽しめてしまうオアフ島の東海岸を沿うように走る約40分の東海岸コースをご紹介します。

常にハワイの絶景を眺めながらのドライブ

A post shared by Hawaii Kai Towne Center (@hawaiikaitownecenter) on

東海岸ルートは、ワイキキを出発してからずっと眺めが良い場所を走ります。特にハワイカイの辺りからハナウマベイを越えてからは右手にずっと青色の海、クリームソーダ色の海の変化を見ながら進みます。道中の休憩にハワイカイタウンセンターに立ち寄るのもおすすめです。ローカルの人が多く、ショッピングセンター裏手のマリーナからは、綺麗な湾とココヘッドを眺めることが出来ます。知られていない穴場スポットです。

フォトジェニックポイントの連続

A post shared by @hau_ula1004 on


レンタカーでオアフ島を回るなら、海洋生物の楽園ハナウマベイには行きたいところです。時間に余裕がある場合は是非立ち寄って頂きたいですが、駐車場が混雑する、入場料がかかるなど、ふらっと立ち寄るのは難しいかもしれません。そんなタイトなスケジュールの方に朗報です。しばらくそのまま道を走った先にある「SCENIC POINT」という絶景ポイントがあり、ここは入場料もかからず、駐車もしやすいです。ここからは、晴れているとモロカイ島や下を泳ぐウミガメが見えることがあり、真っ青な海を眺める絶景ポイントです。

サーファー必見、サンディービーチの波

A post shared by HAWAII TARO ハワイ 太郎 Aloha Smile (@hawaiitaro) on


海を右手に見ながらクネクネ道を走ると、荒波のなかでサーフィンをしている人が目立つビーチが見えてきます。そこがサンディービーチです。波が高く、サーフィンの中上級者向けのビーチですが、かつてオバマ元大統領も少年時代に訪れていたビーチです。綺麗なビーチに座って、サーフィンを眺めるだけでも大満足の美しさです。

あまり知られていない隠れ家的なお土産屋さん

A post shared by Nina Cucina (@ninacucinahawaii) on


ワイキキからもずいぶん離れ、車がないと来れないエリアでお土産を買うのもおすすめです。ここ数年、ビーチウェディングや雑誌の撮影で使われることが多いワイマナロビーチ沿いに、マーケットや小さなお土産さんがあります。お土産を買うついでに、全長8kmに渡るビーチに立ち寄るのもおすすめです。ハワイの中では治安があまり良くないエリアなので、車を離れる時は荷物を残して行かないようにしましょう。

曙の銅像を拝む

A post shared by Hawaiian_Time (@hawaiian_time) on


元横綱曙の出身地でもある、ワイマナロタウンにも立ち寄りたいところです。このショッピングセンターには曙の銅像があります。ハワイ出身の横綱ゆかりの地なので、相撲ファンは訪れる価値あります。珊瑚を使ったアクセサリーなどのお土産品も豊富です。ガソリンスタンドもあるため、給油休憩も可能。

ワイキキからカイルアタウンまで東海岸ルートを通ると絶景に加えて、ローカル色が強いエリアがたくさんあります。とくにワイマナロは、ビーチ遊びにも、ちょっとしたショッピングにも最高のエリアです。ワイキキから道一本だけなので迷うこともなく楽しめるオススメのルートです。ぜひ安全運転でハワイの絶景を楽しみながらお過ごしください!