ニューメキシコ州隠れた絶景スポットのホワイトサンズ、マンガのような異次元世界を味わおう!

By davebluedevil (Flickr)

ホワイトサンズ(White Sands)とは、アメリカのニューメキシコ州にある国定記念物で、アラモゴード(Alamogordo)という街の南西約25kmに渡って広がる白い砂丘のことです。ホワイトサンズへの行き方はいくつかありますが、日本からテキサス州ダラスまで行き、その後はレンタカーが一般的です。グランドキャニオン、アンテロープに続き、広大で真っ白な幻想的な景色はアメリカ国内から多くの観光客が訪れる有名スポットです。

真っ白な砂の秘密

A post shared by Franco Zefferi (@francozefferi) on


見た目では砂と認識してしまいますが、正しくは「雪花石膏 (せっかせっこう)」の集合体です。おおよそ5億年ほど前から大陸移動や海面低下の影響を受け、石膏の層が地上に残りました。2万年ほど前にもともと乾燥地帯だったこのエリアですが、気候の変化で雨が降り続き石膏が溶けて流れていきました。流れてしまった石膏が再び乾燥した気候に戻ったため、乾いた結果いまの状態になったとされていますが、それが7千年前の頃とされています。ホワイトサンズは現在でも、風によって年間に9m程度風下に移動しています。

ちょっと危険?意外な立地

A post shared by Nance (@chief_nance) on

ホワイトサンズがあるエリア付近には、ホワイトサンズ・ミサイル実験場 (White Sands Missile Range)やNASAのスペースシャトルが着陸した滑走路があります。ホワイトサンズ・ミサイル実験場は、世界で初めて核実験が行われた場所でもあるためよく知られています。厳密に言うとホワイトサンズはホワイトサンズ・ミサイル実験場の中にあるため、実験がある時には安全のため週に1、2回ほど一時的に閉鎖されることがあります。

アクティビティは準備を万全に

A post shared by L Pollock (@lindstagramarama) on


ホワイトサンズは国定記念物ではあるものの、デューンズ・ドライブ (Dunes Drive)という12kmほどの整備された道路が走っています。車での乗り入れが容易で、家族連れがピクニック感覚で訪れたり、砂のうえをソリで滑ったり遊ぶことができます。また、サイクリングやハイキングも可能で、子どもから大人まで遊べる場所として人気があります。ただし、ハイキングについては水分の携行が強く薦められています。万が一ハイキングコースからそれた場合は砂漠で迷子になることと同じですので、事前の準備を徹底しましょう。ここ数年、人がいないエリアで写真撮影をしたいからと言って、コースを外れて道に迷う危険なケースが多発しています。

充実したハイキングコース

A post shared by Chris Ray (@cj.ray14) on

ホワイトサンズには、目的に合わせたハイキングコースが4つあります。「アルカリフラット・トレイルコース (Alkali Flat Trail)」はもっとも長い全長7kmほどのコースで、途中途中でホワイトサンズの絶景を楽しめるコースです。このコースを利用する場合は署名が必要です。「デューンライフ・ネイチャーコース (Dune Life Nature Trail)」は、ホワイトサンズに生息する動植物を観察しやすいコースです。全長1.6kmなので手軽です。「インターデューン・ボードウォーク (Interdune Boardwalk)」は、遊歩道が整備されているため車いすやベビーカーも利用できます。全長600m程度を往復するスタイルです。「プラヤトレイルコース (Playa Trail)」は、雨が降った時だけに現れるプラヤと呼ばれる低地(水たまり)につながる全長500m程度のコースです。

ホワイトサンズは6月から8月の間は非常に暑くなるため避けたほうが無難ですが、おすすめは日没の時間帯です。巨大な太陽が真っ白の大地の色を変えながら沈んでいく姿はまさにアメリカならではです。日本から行くには少し苦労するため、まだまだ知らない人が多いエリアです。筆者は個人的に「インスタ映えする絶景1位」と思っていますので、ぜひ訪れてみてください!