ハワイ旅行で発生する時差ボケ問題!せっかくなら24時間OPENなスポットで時差ボケ対策をしよう!

飛行機に乗ってハワイへ、アメリカからでも日本からでも必ず発生するのが時差の問題。体がついていかず、いつもの時間に眠れないなんて人も多いのでは?日本からだと朝早く着く便が多いので、下手に昼寝をしてしまうと、夜はまったく寝られなくなってしまいます。目が覚めて時間を持て余しているのであれば、夜のハワイへ繰り出してみましょう。夜を満喫するために必要なのは、賑やかなクラブやバーばかりとはかぎりません。今回は、まるでハワイに暮らしているような夜時間を楽しめる、ハワイでは数少ない24時間営業スポットを紹介します。

ドンキでお土産の下見・食料品ゲット Don Quijote Honolulu

A post shared by Del Fernandez (@delphat831) on


なんでも揃うステキなお店は、ハワイでもやっぱり夜更かしさんの味方でした。なぜか夜にふらっと行きたくなる、24時間営業のドン・キホーテ。いつの間に日本に帰ってきたのかと勘違いさせるほどの安心感!夜になるとこみ上げてくるホームシックも、ドンキに来れば吹っ飛ぶはずです。もちろん、ハワイらしい商品もずらり、お土産選びもドンキにおまかせ!

ハワイ大学の図書館で学生気分!? Sinclair Library/University of Hawaii

A post shared by annierexic (@annierexic) on


夜に学校を訪れると、ワクワクしませんか?ハワイ大学のシンクレア図書館は、期末試験の時期などには24時間解放されています。勉強をする場所なのに、まるで冒険するような心の高鳴り!もちろん、本当に追い詰められた学生も利用しているので、静かにおじゃましましょう。こちらの図書館がオープンなのは、時間だけではありません。なんと、飲食も許可されています。ハワイの寛容さが伝わる夜の図書館、ある意味とても贅沢な空間なのかもしれません。

本場アメリカのジムを無料体験 24 Hour Fitness

A post shared by 24’s Hawaii (@24hourfitnesshawaii) on


クラブでダンスするのは得意じゃない、馴れない土地でランニングするのはちょっと怖い、そんな行き場のない体力を持て余しているのであれば、24 Hour Fitness(24アワー・フィットネス)で深夜のワークアウトに挑戦しましょう。正規会員にならずとも、公式サイトでトライアル登録すれば、3日間のフリーパスを手入れることが出来ます。ジム初体験でも試せる負荷が軽めなカーディオ機器や、本格派が好みそうなフリーウェイトのトレーニングも!ただし、明日のためにも頑張りすぎず、体を温めるくらいで留めておきましょう。

真夜中にゆっくりパンケーキを堪能 M.A.C. 24/7

A post shared by M.A.C. 24/7 (@mac247waikiki) on


おやつや朝食、今やパンケーキはいつ食べても許される甘味へと成長しました。せっかくなら、あえて皆が寝静まる夜、ハワイの巨大なパンケーキと格闘してみませんか?M.A.C. 24/7は、ダイナーを彷彿させるバーカウンターや、赤い色のソファがかわいいブース席など、広々とした空間に清潔感の漂うレストランです。時間内に完食すれば無料になるチャレンジパンケーキなど、ハワイの甘い誘惑がたくさん!真夜中に摂取する甘美なカロリー、思いきりパンケーキを頬張りましょう。

余すところなくハワイを満喫したければ、勇気を出して夜の街へでかけてみましょう。何もせずにホテルの部屋で時間を潰したり、寝られずにイライラしたりするよりは、ふらっと立ち寄れる場所でハワイの思い出を作ってみてもいいかもしれません。ナイトクラブやバーでは味わえない、ちょっと日常に近い素朴なハワイの夜を楽しんでみてください。