日本の運転免許証だけでも運転できるってホント?カリフォルニア州の運転事情について教えちゃいます!

国際免許証が無くても、アメリカでも日本の免許証だけで運転できる事をご存知でしょうか?期限の切れていない、有効な日本の運転免許証を持っていればアメリカで合法的に運転する事ができます。ただし、州によってそれぞれ法律が異なりますので、運転される際は事前に各州のDMV(Department of Motor Vehicle)と呼ばれる日本の運転免許センターに当たる行政機関で、各州におけるルールを調べる事をオススメ致します。今回は、カリフォルニア州の日本の運転免許証事情についてご紹介したいと思います。(本記事は、アメリカカリフォルニア州のロサンゼルスで、安心の日本語対応でレンタカーサービスを展開するさくらレンタカーの提供でお届けしています。)

なぜ国際免許証があれば、海外で運転できるのか?


実は、国際免許証があれば全ての国で運転が許可されている訳ではなく、決まった国のみで運転する事ができます。

1949年にジュネーブで開催された「道路輸送および自動身輸送に関する国際連合会議」で、自国で交付された国際免許証を持っていれば、ジュネーブ条約加盟国内で運転が許可される条約が採決されました。

道路交通条約 第二十四条の3

「国際運転免許証は、運転者が適性を有することを実証した後、締約国若しくはその下部機構の権限のある当局又はその当局が正当に権限を与えた団体が、シール又はスタンプを施した上で、発給したものでなければならない。この運転免許証の所持者は、すべての締約国内において、その運転免許証の発給の対象となっている種類の自動車を、新たな試験を受けることなく、運転することができる。」

つまり、日本(もしくは運転免許証を取得した国)で国際免許証を取得すれば、外国で改めて試験を受けなくても、海外(ジュネーブ条約加盟国内)で運転できる事が許可されているのです。

気になるジュネーブ条約加盟国は?


では、ジュネーブ条約に加盟している国はどのような国があるのでしょうか?ジュネーブ条約には、全部で96の国が加盟していてます。
【ジュネーブ条約加盟国】
フィリピン、インド、タイ、バングラデシュ、マレーシア、シンガポール、スリランカ、カンボジア、日本、ラオス、大韓民国、トルコ、イスラエル、シリア、キプロス、ヨルダン、レバノン、アラブ首長国連邦、南アフリカ、中央アフリカ、エジプト、ガーナ、アルジェリア、モロッコ、ボツワナ、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、ベナン、コートジボワール、レソト、マダガスカル、マラウイ、マリ、ニジェール、ルワンダ、セネガル、シエラ・レオネ、トーゴ、チュニジア、ウガンダ、ジンバブエ、ナミビア、ブルキナファソ、ナイジェリア、イギリス、ギリシャ、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、オランダ、フランス、イタリア、ロシア、セルビア、モンテネグロ、スペイン王国、フィンランド、ポルトガル、オーストリア、ベルギー、ポーランド、アイルランド、ハンガリー、ルーマニア、アイスランド、ブルガリア、マルタ、アルバニア、ルクセンブルク、モナコ、サンマリノ、バチカン、キルギス、ジョージア、チェコ、スロバキア、アメリカ、カナダ、ペルー、キューバ、エクアドル、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、バルバトス、ドミニカ共和国、グアテマラ、配置、トリニダード・トバゴ、ベネズエラ、ジャマイカ、ニュージーランド、フィジー、オーストラリア、パプアニューギニア、香港、マカオ
※上記情報は、警視庁ホームページより抜粋しております。ジュネーブ条約加盟国以外の国であっても、短期旅行者等に対し国外運転免許証を有効とするところがあります。渡航する大使館等でご確認ください。

カリフォルニア州で日本の免許証だけで運転できる理由とは?


ジュネーブ条約加盟国内は国際免許証があれば運転が可能である事がお分かりいただけたと思いますが、ではなぜアメリカのカリフォルニア州では日本の運転免許証のみで運転する事ができるのでしょうか?

それは、日本で発行された運転免許証が正式な免許証(=License)として認められているからです。一方で、国際免許証はあくまでも免許証を翻訳した許可証(= Permit)に過ぎず、国際免許証のみでの運転は正式な免許証ではなく許、可証のみでの運転という事になり、カリフォルニア州では認められていません。アメリカで運転される場合は、日本の免許証のみ、もしくは国際免許証を取得して運転する場合は、必ず日本の免許証も一緒に携行しておくようにして下さい。

“International Driving Permits

The State of California does not recognize an International Driving Permit (IDP) as a valid driver license. California does recognize a valid driver license that is issued by a foreign jurisdiction (country, state, territory) of which the license holder is a resident.
The IDP is only a translation of information contained on a person’s foreign driver license and is not required to operate a motor vehicle in California.”

「カリフォルニア州は国際免許証(IDP)を有効な運転免許証として認めません。カリフォルニアは、運転免許保持者が居住するアメリカ国外地域で発行された有効な運転免許証を、正式な免許証として認めます。国際免許証(IDP)は個人の外国運転免許証を含んだ情報の翻訳に過ぎず、カリフォルニアで自動車を運転するために必ずしも必要なものではありません。」

上記は、カリフォルニア州のDMVのウェブサイトから引用した内容です。

カリフォルニアならどこでも日本の免許証だけでOK?


答えはNoです。日本の運転免許証のみでの運転で気を付ければならないのが、海外のレンタカー会社のほとんどの従業員は日本語を読めないため、日本の運転免許証を受け付けていないレンタカー会社が多くあります。海外のレンタカー会社を利用する場合は、国際免許証を取得したほうが無難でしょう。しかし、急な予定変更や事前に国際免許証を取得できなかった場合でも、ロサンゼルスには日本語対応で日本の免許証のみで車をレンタルできるさくらレンタカーがありますので、国際免許証がなくても安心ですよ!

いかがでしたでしょうか?アメリカでも州によって法律が異なるのが厄介なことですが、カリフォルニアでは日本の免許証だけで過ごせることがわかり、次回のアメリカ旅行が少し楽になるという方もいらっしゃるのでは?各州の運転に関する各種ご質問やご相談がある方は、mAmericaご相談フォームまでいつでもお問い合わせください。