アメリカの日本食レストランのサーバーは見た!アメリカ人のありえない日本食の食べ方とは?

アメリカで日本食は非常に人気があります。特に「お寿司が大好き」というアメリカ人はとっても多いですが、アメリカには少し独特の寿司・日本食カルチャーがあるのはご存知でしたか?今回は、日本食レストランでのサーバー経験がある筆者が「こんな食べ方、ありえない!」と思ったアメリカ人の日本食の食べ方をご紹介したいと思います。

アメリカの「日本食レストラン」

A post shared by Michelle (@sailormeech) on

筆者の住んでいる場所は、カリフォルニアやニューヨークと比べると日本人経営の日本食レストランが非常に少ないです。数年前から少しずつラーメンが人気になってきましたが、まだまだ他の大都市と比べると日本食のブームは遅れています。

大半の「日本食レストラン」ではお寿司が提供されていますが、中にはJAPANESEという名前を付けておきながら、中華料理やタイ料理など、日本食とは少し違った料理を提供しているお店もあります。まあ、色々な料理が楽しめるという意味では良いのかな?日本人の筆者からすると、微妙なところです。

また、一般的にアメリカ人の間では、日本食は高級料理だと感じている人が多いようです。例えばお寿司を注文した場合、ディナーだと一人20ドル前後は最低かかります。20ドル払えば、アメリカンレストランでは、大きなステーキが食べれます。そう比較してみると、日本食は決して安くはありません。値段だけでなく、最近では健康志向の人も増えてきているため、健康目的で日本食を好んで食べるという人もいます。

ビックリ!?アメリカ人の日本食の食べ方

A post shared by mf_ontheroad (@mf_ontheroad) on

筆者は、渡米してから少しの間、日本食レストランで働いていたことがあります。正直言って日本人の感覚からすると、アメリカ人の日本食の食べ方はユニークだと思います。ここで筆者が実際に見た、ちょっと驚きの彼らの食べ方をご紹介しましょう。

味噌汁に氷を入れる!

#misosoup #tofu#morning #japanesemorning #miso #handmade #breakfast

A post shared by hiroeTANITA (@hiroetanita) on


アメリカ人は、猫舌の人が多いのかもしれません。温かいお味噌汁をテーブルに持っていったら、「たくさんの氷を下さい!」と言われました。最初、私は何に使うのかわからず、言われるままに持っていくと、そのまま味噌汁の中に全部入れてました。せっかく熱々の味噌汁を持っていったのに、わざわざ熱くした意味が無いのでは?と内心思いましたが、お客さんは満足していたので良かったのかと。

お寿司はナイフとフォークで食べる!

A post shared by Elena Borovitska (@elenabora) on


アメリカでは、基本的に食事の際にはナイフとフォークを使って食べる習慣があります。最近では、お箸を上手に使えるアメリカ人も増えていますが、まだまだ苦手という人も。そんな人たちには、トレーニング用の箸を渡したりすることがあります。頑張って使ってみるものの、なかなかお箸がうまく持てない人は、ナイフとフォークで食べます。でも、巻き寿司やにぎり寿司になってくると、ナイフとフォークで食べるのは大変。しかも、せっかくシェフがきれいに作った料理が、残念な形になっていることが多いです。

筆者の感覚からすると、アメリカ人ってハンバーガーやホットドッグを食べる時は、手に持って大きな口をあけて食べるのに、どうしてお寿司を食べるときに手を使わないのかな?と不思議に思います。ナイフやフォークを使って食べるより、はるかに簡単で食べやすいと思うのですが。

多くの人種が集まる国だから?薄味やシンプルな料理が苦手な人が多い!

Weekend plans? Rollin' with the homies ☑️

A post shared by Sushi Maki (@gosushimaki) on


日本人の間では、料理は素材本来の味を楽しむということで、味付けも薄めでシンプルなものが多いですね?アメリカ人は、薄味やシンプルな料理が苦手です。お寿司に関していえば、アメリカで食べるロール寿司のほとんどは、日本で食べる巻き寿司とは違って色々なものが中に入っています。

例えば、クリームチーズ、ハラペーニョ、チリソースなど。また、中にはマンゴやパイナップルといったフルーツまで入っているものもあります。更に、しょう油以外にスパイシーマヨネーズソースやキムチソース、イールソース(うなぎのたれ)をサイドで注文する人もいて、ここまで来ると、これってホントに日本食って言えるの?って思いたくなります。筆者も何回か食べたことがありますが、味はけっして悪くありません。でも、正直なところ、色々な味が混ざって、どんな味かよく分からないというのが感想です。

A post shared by Vittoria Carella (@vittivitto) on

いかがでしたでしょうか?初めてアメリカに来られた方の多くが「とんでも日本食」をどこかで体験し、日本で食べる日本食との違いにカルチャーショックを受けるのではないでしょうか。日本にいるみなさんも、アメリカへ来た際には、ぜひ日本にはない日本食を色々試してみてください。これがまた面白い経験、お土産話になるかもしれませんよ!