全米ナンバーワンバーガーの呼び声高いのは西海岸のあの名店!カリフォルニアで人気のIn-N-Out Burger、裏メニュー含め徹底解説!

ハンバーガーの本場アメリカには、20,000店舗以上のハンバーガーショップがあるそうですが、あなたのお気に入りの店はどこですか?日本でもお馴染みのマクドナルドやバーガーキング、最近日本に出店してきたShake ShackやUmami Burger?西海岸に住む日本人に聞いたら、真っ先にこう答える人が多いことに気づくと思います。「In-N-Out!」西海岸を中心に展開しているIn-N-Out Burgerは長いこと現地の人に愛されてきました。その人気の秘密はいったいどこにあるのでしょうか?今回は、カリフォルニアで大人気のハンバーガーショップIn-N-Out Burgerをご紹介します。(本記事は、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカへの交換留学生限定!留学期間中ずーっと携帯代がタダになるキャンペーン実施中の日本人留学生グループ」の提供でお届けしています。)

In-N-Out Burgerのはじまり

View this post on Instagram

A post shared by In-N-Out Burger (@innout) on


第一号店は遡ること1948年、カリフォルニア州のBaldwin Parkで誕生しました。創業者のハリー・スナイダーがわずか10スクエアフィートのハンバーガースタンドを作りました。ハリーは毎朝日が昇る前に肉市場や野菜市場に足を運び、新鮮な食材を使ったハンバーガーを提供していました。手作りの新鮮食材を使ったハンバーガーは瞬く間に人気となり、多くの車がスタンドに立ち寄る光景が出来上がっていきました。また、このスタンドはドライブスルーの走り出しとなるスピーカーを使った注文システムを導入したことでも話題となり、先進的な店として人々に認知されていきました。第一号店がオープンして70年が経過した現在、店舗数は342店舗(2019年3月時点)まで増え、アリゾナ、ネバダ、オレゴン、テキサス、ユタなど複数の州で出店しています。

In-N-Out Burgerの特徴

View this post on Instagram

A post shared by In-N-Out Burger (@innout) on


In-N-Out Burgerの特徴は何といってもこだわりぬかれた食材を使ったシンプルなメニューが挙げられます。今時の店には珍しく、ハンバーガーの種類は「Hamburger」、「Cheese Burger」、「Double-Double Burger」の3つしかありません。サイドもフレンチフライと数種類の飲み物しかなく、主力商品へのこだわり、注力具合がうかがえます。ハンバーガーとフレンチフライ、飲み物がセットになったコンボがあり、ほとんどのお客さんがDouble-Double Burgerのコンボ1、Cheese Burgerのコンボ2、Hamburgerのコンボ3のいずれかを頼みます。初めての方は、お腹の空き具合によってコンボのどれかを頼んでみましょう。

オススメはボリューム感たっぷりのDouble-Double Burger

View this post on Instagram

A post shared by In-N-Out Burger (@innout) on


In-N-Out Burgerでまずはトライしたいのが定番のDouble-Double Burgerです。ビーフパティはお肉本来の味を感じられるように、シンプルに少し塩で下味が付けられています。野菜は創業当時から変わらない新鮮素材を使用していて、レタスやトマト、オニオンのシャキシャキ感は他のハンバーガーショップでは中々味わうことができません。バンズは提供される直前にトーストされているので、サクッとした触感が楽しめます。サウザンソースがうまみとちょっとした酸味をプラスしてくれて、ビーフの豪快な味わいと野菜の爽やかさをうまく一つにまとめてくれています。

慣れてきたら頼みたい裏メニューたち!

View this post on Instagram

A post shared by In-N-Out Burger (@innout) on


何回かIn-N-Outに行ってみると、他のお客さんがちょっと見慣れないものを注文しているのに気づくでしょう。In-N-Out Burgerにはいくつか裏メニューが存在します。注文の際に、呪文のようにその言葉を伝えると裏メニューをゲットできますので、慣れてきた頃に試してみてください。

グリルオニオンとスペシャルソースをかける「アニマルスタイル」

View this post on Instagram

A post shared by IN-N-OUT PEOPLE (@innoutpeople) on


こってり好きのあなたにぜひ試していただきたいのが、アニマルスタイルです。ハンバーガー、もしくはフレンチフライをアニマルスタイルにアレンジしてもらえます。カラメル状になるまで炒められたグリルオニオンと、In-N-Out名物のサウザンソースにチーズを溶かしてくれます。グリルオニオンの甘味と、チーズに旨みが口いっぱいに広がります。

健康志向のあなたに捧げる「プロテインスタイル」

View this post on Instagram

A post shared by In-N-Out Burger (@innout) on


In-N-Outが女性やカロリーを気にするダイエット中の方にも人気がある理由の一つが、このプロテインスタイルの存在です。バンズの代わりにレタスを使ってビーフパティを挟んでくれます。フレンチフライを食べなければこのバーガーを食べても糖質はほぼゼロとなり、ダイエットブームが続く現代にまさにぴったりのプロテインスタイル。日本でもモスバーガーが菜摘バーガーを始めましたが、発祥はこのIn-N-Outだと言われています。

ビーフパティの枚数を増やすことができる「3×3 / 4×4」

View this post on Instagram

A post shared by IN-N-OUT PEOPLE (@innoutpeople) on


Double-Double Burgerでも物足りないというくいしん坊な方には、ビーフパティとチーズがそれぞれ3枚、4枚入った「3×3(スリーバイスリー)」や「4×4(フォーバイフォー)」があります。一昔前までは増やせる枚数に上限はなく、100枚注文する猛者もいたようですが、現在は最高でも4枚までと決められています。食べきっても特に景品等はありませんが、腹ペコで挑戦したい方は是非お試しあれ!

その他裏メニュー

バンズ、レタス、オニオンが一切入っていない(2枚のビーフパティとチーズのみ)「The Flying Dutchman」、チーズバーガーからビーフパティが抜かれた「Grilled Cheese sandwich」、普通のハンバーガーに1枚ビーフパティを追加した「Double Meat」などが存在します。また自分でアレンジする裏メニューとして、フレンチフライを注文し、ドリンクバーに置かれたレモンと胡椒を使ってセルフで作る「Lemon-Pepper Fries」、The Flying Dutchmanをアニマルスタイルフレンチフライの上に乗せた「Roadkill Fries」、シェイクにフレンチフライを付けて食べる「Monkey Style Milkshake」などバリエーション豊富です。

アメリカ、特に西海岸に来たらぜひ一度は試してもらいたいのがIn-N-Out!他のハンバーガーチェーンとは違い、まだ日本未上陸で、現地でしか味わうことができません。慣れてきた頃にはぜひ裏メニューにも挑戦してみてください!