アメリカ最大のハーレー祭り!世界中からバイカーやってくる、圧巻のミルウォーキーのハーレーイベント&パレードとは?

アメリカを代表するバイクといえば、ハーレー・ダビッドソン。そんなハーレー・ダビッドソンの本拠地となるウィスコンシン州ミルウォーキーでは、毎年8月の下旬から9月の上旬にかけての数日間、超特大のハーレー・イベントが開催されます。今回は、バイク好きでない人も断然楽しめる、毎年恒例のハーレー祭りをご紹介したいと思います。

本拠地ミルウォーキーで開催

A post shared by Milwaukee Downtown, BID #21 (@mkedowntown) on


ハーレーが生まれたのはウィスコンシン州のミルウォーキーで、それは今から100年以上前の1903年のことです。1930年代には、世界大恐慌が起き、多くの会社や工場が倒産した中、ハーレー・ダビッドソンだけは生き残りました。また、元々はバイクではなく、自動自転車を生産・販売していましたが、時代と共に、バイクの生産・販売へと変えていきます。1920年代に入ると、世界で最も大きなバイク製造会社の1つにまで成長し、現在に至ります。

どんなイベント?

A post shared by Milwaukee Harley Davidson (@milwaukeeharley) on


毎年、イベントが開催される日程は、若干変更があるものの、大体8月下旬から9月上旬にかけての5日間です。2018年度の予定では、8月29日から9月2日までになります。

ハーレー・ダビッドソンのディーラーショップをはじめ、レースやツアー、パレードなど様々な催し物が行なわれます。

ディーラーショップでお気軽に試乗できる

A post shared by Milwaukee Harley Davidson (@milwaukeeharley) on


このイベントの時期に州内にある7ヶ所の店舗へ行くと、2019年最新版モデルの試乗ができます(水曜日~土曜日の9時~17時まで)。最新のパーツやアクセサリー、イベント特別グッズなどの購入も可能、ギアに関することからローン組み立てまで、各分野のスペシャリストらが質問の数々に答えてくれます。

バイクレース&コンテスト

A post shared by Milwaukee Harley Davidson (@milwaukeeharley) on

また、ハーレーバイクに乗ってスピードやテクニックを競うレースもあります。おすすめなのは、トレーニングを受けた白バイ警官とハーレーバイカーとの歩行スキルコンテスト。普段、なかなか白バイ警官と競うことなどできないので、貴重な体験になると思います。

工場内のツアー

A post shared by George Park (@george_park) on


ミルウォーキーにある創業当時からの工場の1つでは、特別に工場内見学ができます。ハーレーのエンジンや、バイクの組み立て工程などの見学が可能。ツアーガイド有りと無しが選べますが、有りを選んだ場合は有料で、1人38ドルになります。2018年度の予定では、ガイド付きツアーは、8月29日の朝10時から正午の間だけになります。

最後の日はメインイベントのパレード


そして、イベントの最終日には、ミルウォーキーのダウンタウンエリアを、何千人ものライダーが集うパレードが行なわれます。国内・国外から集まったハーレーファン達が、自ら自慢のバイクに乗って走ります。しかも、何千台ものバイクは走るので、かなり見ごたえがあります!

イベントに参加するにあたり、お得なパッケージプランが販売されます。料金は、50ドル、130ドル、995ドルとあり、ハーレーグッズの特典付きプランから、実際ハーレーに乗ってイベントに参加するプランまで、それぞれの目的に合わせて選べます。

詳しくは、こちらをご覧下さい→http://shop.csepromo.com/hd115/Rally%20Packs%20Final.pdf

小さい子供と一緒に参加しても大丈夫?

A post shared by Harley-Davidson (@harleydavidson) on


ハーレーと聞くと、イカツイ兄さん達が乗っているイメージを持ちがちですが、全員が全員というわけではありません。以前の記事「これでアメリカの荒野を一度は走ってみたい!?超カッコイイ、ハーレー・ダビッドソンの魅力と限定おすすめグッズとは?」でも紹介しましたが、ハーレーはそこまで手軽に買えるというものでもありません。ある程度の収入が無いと買えないので、むしろアメリカでは高所得の職業に就いている人達が乗るイメージもあります。

また、男性だけでなく女性ライダーもたくさんいます。どのイベントに参加するかにもよりますが、工場やミュージアムは、午前中から見学できるので、小さい子ども同伴でも参加できると思います。

今回は、ミルウォーキーで開催されるハーレーイベントについて紹介してみました。パレードには実は日本人の参加者も多く、各国のバイカーたちによるそれぞれの愛国心、そして国境を越えたハーレーへの愛を感じることができます。このイベント前後のハイウェイでの通常運転もなかなか面白いものになりますよ!興味のある方は、ぜひ参加してみませんか?