アップル・サイダーとドーナツのコンボで秋を実感しよう!この時期見逃せないミシガン州のサイダーミルとは?

ミシガン州の秋が訪れるころ、ミシガンの人々はこぞってサイダーミル(りんごジュース工場)へ出かけます。彼らのお目当ては、フレッシュなアップル・サイダーと粉砂糖たっぷりのできたてドーナツ!ミシガン州の秋は、サイダーミル抜きに語ることはできません。今回は、地元ミシガンの人々が毎年待ちわびている秋の定番お出かけスポット、りんご農園でほのぼの過ごせるミシガン州のサイダーミルをご紹介します。

遊べる果樹園&農園=サイダーミル!まず押えておくべき2つの商品とは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Meggan Briggs (@megganbriggs87) on


サイダーミルでは、新鮮なアップル・サイダーとできたてのドーナツを味わうことができます。サイダーといっても、炭酸飲料のことではありません。アップル・サイダーは「まじりっけのない、りんごの絞り汁」、いわゆるりんごジュースのことです。

ものすごく色が濃く見えますが、これがりんご本来の姿!また、見た目だけでなく、風味や飲み心地も異なるため、各地のサイダーミルを巡ってみるのも楽しいはずです。さらに、アップル・サイダーに欠かせない伝統的相棒であるドーナツも同じで、それぞれサイダーミルごとの個性があります。

Yates Cider Mill(イェイツ・サイダーミル)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 🦋 C o u r t • P o l o 🦋 (@coachcourtpolo) on


サイダーミル初心者なら、まずはコチラから攻略してみましょう。何個でも食べられそうな甘さ控えめのドーナツに加え、クセのないアップル・サイダーは万人受けしやすい味わいです。お土産品を探すなら、店舗に隣接するアップル・テントも忘れずに訪れましょう。ジャムやTシャツなどの他に、りんごの詰め放題もあります。

Parmenter’s Northville Cider Mill(パーメンターズ・ノースビル・サイダーミル)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Satomi Saito (@satobuu20) on


ポップな店内に気分も上がる!外の遊具で遊ぶ子どもたちの様子もあいまって、アットホームな幼稚園を彷彿させる雰囲気が漂います。サイダーミル工場を覗くことができ、「本日のアップル・サイダー」の看板を横目に感慨深い気持ちでアップル・サイダーを飲み干してみてみましょう。地元ミュージシャンのライブも開催しています。

Blake’s Orchard and Cider Mill(ブレイクス・オーチャード・アンド・サイダーミル)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Paige Metzger (@paigeefit) on


ミシガン州で初めて「りんご狩り」を導入したとされる農園です。Blake Farmsはミシガン州に3つの農園を経営しており、それぞれでサイダーミル体験を楽しむことができます。特にBlake’s Orchard & Cider MillとBlake’s Big Appleは、子どもが喜ぶアトラクションが多く、家族揃って秋の行楽を満喫できることでしょう。

Wiard’s Orchards Cider Mill(ワイアーズ・オーチャード・サイダーミル)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Eduardo García (@mr.egarcia) on


1837年に誕生したカントリー調の古き良きサイダーミル、ちょっとした民俗資料館のようなブースもあります。アップル・サイダーを使用したドーナツをはじめ、りんご関連の商品ずらりと陳列される様子には、誰もが購買意欲をかき立てることでしょう。隣接するカントリー・フェアでは、ポニーなどの動物たちと触れ合うこともできます。

ちなみにサイダーミルには、人間だけでなくハチさんたちもやってきます。大量のハチが旋回する姿をみかけたとしても、驚いて騒がないようにしましょう。甘い匂いに誘われてやってきたもの同士、お行儀よくりんごの恩恵を一緒に味わおうではありませんか!みんな生きてい友達なのだと言い聞かせ、飛び交うハチの群れと共存しながら出来たてドーナツとアップル・サイダーを味わってください。