摩天楼からシカゴの街を見渡そう!目がくらみそうだけど体験したい、シカゴの絶景スポットがココ!

見渡す限りの絶景は、何も大自然がつくり出すものだけではありません。シカゴの超巨大高層ビル群から臨む景色は、悩みさえも吹っ飛ばすよう爽快な気分にさせてくれることでしょう。たとえ鳥のような翼がなくても、プライベートジェット機を持っていなくても、地上から遥か離れた場所でシカゴの街を見渡すことができます。今回は、ただ眺めるだけでシカゴ中を満喫した感覚になれる絶景スポットを紹介します。

Willis Tower/Skydeck(ウィリス・タワー/スカイデッキ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Michelle Lynn (@travelengwithmichelle) on


目下に広がる素晴らしいシカゴの景色、それだけで満足できていますか?高所の良さは、地上では味わえない危うい体験を同時に味わえることです。ウィリス・タワーの103階にあるスカイデッキでは、まさに宙に浮くような感覚を味わえます。なんと、展望台の一部に全面ガラス張りの飛び出た空間が!高所特有のゾクゾク感をお楽しみください。

Cindy’s Rooftop(シンディーズ・ルーフトップ)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Cindy’s (@cindysrooftop) on


高所恐怖症で高いところは苦手ならば、ムリに超高層ビルへと向かう必要はありません。シカゴのそびえ立つようなビル群に比べると少々地面との距離が近い、シンディーズ・ルーフトップで落ち着いて新鮮な料理と飲み物に舌鼓しましょう。開放感たっぷり、さわやかな風がよくにあうオトナの社交場です。まるで丘の上のレストラン、ミシガン湖やミレニアムパークを眺めながらのんびりとした時間をお過ごしください。

Navy Pier/Centennial Wheel(ネイビー・ピア/センティニアル・ホイール)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Joey Lee (@joeyleefrantzen) on


ネイビー・ピアには、子どもが大はしゃぎするようなレクリエーション施設が集まっています。もちろん、思いきり童心に返るのも問題ありません。ただし、シカゴの景色がお目当のオトナの皆さまには、センティニアル・ホイールがおすすめ!その名の通り、100周年を迎えたシカゴを象徴する巨大な観覧車です。ゴンドラはまさに個室の動く展望台、シカゴの光景をひととき独り占めしてみましょう。

John Hancock Center/The Signature Room(ジョン・ハンコック・センター/シグネチャールーム)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Omar Jasso | Chicago (@ojishere) on


景色が良ければムードも高まる、そういうわけでシカゴの絶景はデートスポットとしても成立します。シカゴで最も高い(けして高額という意味ではありません)シグネチャールームでカクテルを楽しめば、恋人同士でなくとも距離が縮まることでしょう。

100階建て457メートルのジョン・ハンコック・センター。95階に位置するシグナチャールームでカクテルをオーダーしながら夜景を楽しむ方が、94階にある展望台の入場料(大人22ドル)よりも安くつくということをローカルはよく知っています。女子トイレからの絶景は、男性には内緒にしておきましょう。

少し目線が高くなるだけでも、人間の心持ちはガラリと変わるというもの!シカゴの展望台や観覧車から眺める景色は、食事をより美味しく、隣にいる人をもっと好きにさせてくれる相乗効果をもたらしてくれることでしょう。ある意味シカゴのパワースポット、人生を前向きに生きる力を充電しに出かけてみてください。