アメリカで身内の事を褒められたら謙虚しない方が良い!?

アメリカに住んでいて、私が日本人だとわかると良く言われる形容詞があります。「真面目」「頭が良い」「健康的」など。その中でもアメリカ人の感覚にあまり無くて、日本人らしい「謙虚=humble」という気質について実体験を交えてまとめていきます。

奥様のことを褒められた時

あるご自宅にお呼ばれして夕飯をご一緒させて頂いた時のこと。(旦那様はアメリカ人、奥様は日本人)
バジルの葉から裏ごしされて、本当に美味しい手間のかかったバジルパスタを奥様が作って下さいました。

私「美味しいです!」
旦那様「そうなんだよ、彼女は何を作ってもいつも本当に美味しいんだよ。最高のシェフだよ!」
私「何のレシピが一番好き?」
旦那様「パスタがどれも本当に美味しい。どれも美味しすぎて、ひとつに選べないよ!」

このように、旦那様は奥様のお料理の腕をちぎれんばかりに褒めていました。聞いているこちらも、ほんわかしてしまうほど言葉に力を込めて旦那様は「今までのこんな料理が美味しかった」「実はケーキを焼くのも上手いんだ」と教えてくれたのです。

ここで注目すべきは、日本人の奥様がかなり謙遜されていたこと。
「そんなことないのに、いつも大袈裟なんだから」と照れてらっしゃいました。確かに日本であれば奥様の手料理を褒められたら、お礼を言いつつも「そんなことないですよ!」と少し謙遜するのが一般的な気がします。身内の事で褒められたらそれを100%受け止めることよりも、一歩下がり謙遜する方が美しい作法と感じているのかもしれませんね。

この奥様を褒める、という光景は至る所で見てきましたが、「そんなことは無いよ」と謙遜する旦那様は未だに一度も見かけたことがありません。

お子様のことを褒められた時

英語を教えて頂いているアメリカ人の男性の方のお子様にお会いした時のこと。お子様が私にその場で絵を描いてくれたのです!

私「◯◯ちゃん、絵が上手だね!」
お父様「そうなんだよ、彼女は色の使い方が本当に綺麗なんだよ。いつも僕も驚いてしまうくらい上手なんだ」
◯◯ちゃんの目の前で、これまた褒めちぎってらっしゃいました。むしろ音楽ではフルートをやっていてね、これも上手いんだ、と教えてくれたのです。

もし自分のお子様を誰かが褒めてくれたら?

知人のお話なのですが、自分の子供のことを誰か褒めてくれた時に、日本の感覚で「そんなことないですよ」と謙遜した事があったそうです。その時の相手の反応は「自分のお子様の事なのに誇りに思ってないの?」と少々気まずい空気が流れてしまったとの事。日本人の考える美徳(謙遜する)は、特に身内の事を褒められた場合にアメリカではあまり見られないようです。

自分の事を褒められた時やビジネスなどは、謙遜することがあるようです。
なのでもし身内の事を褒められた際には、「もちろん!うちの奥さん(旦那さん、お子さん)は最高だよ」と言ってみても良いかもしれません。もちろん恥ずかしかったり違和感を覚えることも最初はあると思いますが、よく考えるとお互いを褒めあっている方が、お互いをリスペクトする気持ちを忘れませんし自分たちも気持ち良く生活できるのでオススメです!