子連れカリフォルニア旅行なら、ナッツベリーファームへ!スヌーピー好きにもオススメの老舗テーマパーク

カリフォルニアには、世界で最初のテーマパークがあります。偉大なテーマパークの元祖、その名はナッツベリーファーム(Knott’s Berry Farm)。歴史を重ねたテーマパークは古い?そんなことはありません!古き良きアメリカの雰囲気を残しつつ、最新の乗り物やアトラクションも続々と登場しています。今回は、ナッツベリーファームの特にオススメしたい2つのエリアを厳選!さらにアトラクションも紹介します。

ナッツベリーファームとは?

A post shared by Ruth Coleman (@ruthecoleman) on


まず「Knott’s」と聞いて、ジャムのボトルが頭に浮かんだ方もいらっしゃるかもしれません。このパークは、もともと1940年にKnott’s創業者のウォルター・ナット氏が、いちご販売のスタンドで長蛇の列を作る客のためにエンターテイメント(ゴーストタウン)を提供することから始まったのです。そしてこのカリフォルニア州ブエナパークで生まれたナッツベリーファームこそが、世界初のテーマパークとして知られています。1983年にはスヌーピーの生みの親であるチャールズ・シュルツ氏と独占契約を結び、The Peanuts(スヌーピー)の公式ホームとなりました。1990年代にナット氏が亡くなり、大手テーマパーク会社に買収されましたが、その後も12歳以下の小さな子どもを対象にしたテーマパークとして、世界中の人々を魅了し続けています。

【エリア1】Camp Snoopy(キャンプ・スヌーピー)

A post shared by Knott’s Berry Farm (@knottsberryfarm) on


世界で最も有名なビーグル犬は?その答えを知っているのであれば、まずこのエリアを訪れてください。キャンプ・スヌーピーでは、スヌーピーと仲間達をテーマにしたアトラクションやショーが用意されています。また、子ども向けのライドが最も多いエリアです。

【エリア1】WOODSTOCK’S AIRMAIL(ウッドストックズ・エアメール)

A post shared by Valentina Anahis Martinez (@valen90026) on


大人になるまで待てない!小さくても勇敢な子どものチャレンジャーはぜひコチラへ。子ども限定、かわいいサイズのフリーフォールです。ウッドストック宛ての手紙をポストに投函するため、乗客も一緒に空へと上昇します。絶叫?と言うよりは、むしろ微笑ましい光景が見られるかもしれません。

【エリア1】Pig Pen’s Mud Buggies(ピッグペンズ・マッド・バッギーズ)

A post shared by Chimmy (@chimmytime) on

スヌーピーの友達、ピッグペンは汚れることを恐れません。たとえゲストの乗り込むバギー型のライドが泥を巻き上げたとしても、決して逃げ出すことはないでしょう。カリフォルニアの山脈(ハイシエラ)周辺を競争するように、バギーが跳ねるように上下します。もちろん、本当に汚れることはないので、バギーの疾走感を心ゆくまで楽しんでください。

【エリア2】Ghost Town(ゴーストタウン)

A post shared by Alisha Nicole (@mommalogue) on


たとえタイムマシーンがなくても、西部開拓時代へ遊びに行けるかもしれません。ゴーストタウンには、当時の雰囲気を忠実に再現した町並が広がっています。クラシカルな佇まいは、まさにウェスタン。このエリアでは、スリルレベルの高いライドがゲストの挑戦を待っています。

【エリア2】Ghost Rider(ゴーストライダー)

A post shared by Corey Heins (@adrenaline_corey1316) on


ナッツベリーファームの目玉のひとつ、伝統ある木製コースターが2016年にリニューアル!西海岸で最高、最長、最速の木製コースターは、ゲストの想像を超えたスリルな体験を与えてくれるでしょう。暴走トロッコに乗って、時速90㎞以上のワイルドな冒険へ出発です。

【エリア2】PONY EXPRESS(ポニー・エクスプレス)

A post shared by Eric Huang (@erich1667) on


こんなジェットコースター見たことがない!ポニー型のシートを目の間に、多くのゲストは叫ぶかもしれません。乗馬のようにまたがれば、16頭の馬が一気に加速を始めます。実際の暴れ馬を乗りこなすのは大変ですが、ポニー・エクスプレスであれば安心して爽快感を楽しめるでしょう。

開園当時から受け継がれるアメリカっぽさは、ナッツベリーファームの最大の魅力かもしれません。観光客だけでなく、地元の人々にも愛され続けるのは、アットホームな雰囲気があるからこそ!お土産には、同園の名前の由来となったKnott’sのジャムやパイなどを購入してみてはいかがでしょうか。お子様がいるご家庭には是非お勧めのパークです。まさにカリフォルニアのみんなの遊び場、ちょっぴり懐かしさを味わえるナッツベリーファームで喜びに満ちた時間を過してみませんか?