Facebook創業者マーク・ザッカーバーグCEOの母校ハーバードでのスピーチ、翻訳してみました!

先日、Facebookの創業者でもあり、現CEOのマーク・ザッカーバーグ氏が母校のハーバード大学での卒業式でスピーチを行いました。その時の内容が素晴らしかったので、今回は急遽、その内容を翻訳し、ご紹介したいと思います。”英語原文ママ”「日本語訳」という構成になっています。また、スピーチの映像全文(英語)も是非、一度見てみてください、スピーチの中の情熱が伝わってくるはずです。

祝辞の挨拶

Yesterday I delivered the commencement address at Harvard. This speech was personally important to me, and I’ve been writing it for a long time. My message was about purpose. As millennials, finding our purpose isn’t enough. The challenge for our generation is to create a world where every single person has a sense of purpose. That’s the key to true happiness, and the only way we’ll keep our society moving forward.

Mark Zuckerbergさん(@zuck)がシェアした投稿 –


“President Faust, Board of Overseers, faculty, alumni, friends, proud parents, members of the ad board, and graduates of the greatest university in the world, I’m honored to be with you today because, let’s face it, you accomplished something I never could. If I get through this speech, it’ll be the first time I actually finish something at Harvard. Class of 2017, congratulations!”「ご列席の皆様、そして卒業生のみんな、僕はあなた方をとても誇りに思うよ、なぜなら今ここにいる卒業生は、僕自身が成し遂げられなかったことをやり遂げたからね。もしこのスピーチをやりきることができれば、僕は初めてハーバートで何かやりきったことになるね笑。2017年の卒業生、本当におめでとう!」”I’m an unlikely speaker, not just because I dropped out, but because we’re technically in the same generation.”「僕は何か普通のスピーチを話に来たわけではありません、それは僕が中退したからとかではなく、だって僕らは実際そんなに年も違わない同世代だからね。」

人生の意義

“Today I want to talk about purpose. But I’m not here to give you the standard commencement about finding your purpose. We’re millennials. We’ll try to do that instinctively. Instead, I’m here to tell you finding your purpose isn’t enough. The challenge for our generation is creating a world where everyone has a sense of purpose.”「今から、(人生の)意義について、話をしたいと思います。と言っても、僕は君たちの人生の目的を見つけるための何かありきたりな杓子定規な話をしようというわけではありません。だって僕らはミレニアル世代でしょ。そんなことは本能的にやってるよね。その代わりに、自分たちの人生の目的を見つけるだけでは不十分だ、と言うことを君たちに話したいと思います。僕らミレニアル世代にとってのチャレンジは、全ての人が人生の意義や大義を見つけられる世界を創り出すことにあります。」”One of my favorite stories is when John F Kennedy visited the NASA space center, he saw a janitor carrying a broom and he walked over and asked what he was doing. The janitor responded: “Mr. President, I’m helping put a man on the moon”. Purpose is that sense that we are part of something bigger than ourselves, that we are needed, that we have something better ahead to work for. Purpose is what creates true happiness.”「僕の好きな逸話の一つに、ジョン・F・ケネディ大統領がNASAの宇宙センターを訪れた時のエピソードがあるから、紹介するよ。ある日、大統領は宇宙センターでほうきを持った清掃員を見て、彼が何をしているのかと聞いたんだ。すると清掃員は、『大統領、私は人類が月に行くための手伝いをしています。』と答えたんだ。(人生の)意義とはまさにその清掃員の方が持っていたそういう感覚のことで、何か自分より大きなものの一部となり、必要とされ、そこでより良い仕事をする、という(自然と湧き出る)感覚のことなんだ。そして、その意義があることで、人々は本当の幸せを手にできる。」

ハーバード大学卒業後の世界

“You’re graduating at a time when this is especially important. When our parents graduated, purpose reliably came from your job, your church, your community. But today, technology and automation are eliminating many jobs. Membership in communities is declining. Many people feel disconnected and depressed, and are trying to fill a void.「君たちはこの人生の意義というものがとても重要なタイミングで卒業を迎える。僕らの両親が大学を卒業した時、人生の意義は仕事や教会、所属するコミュニティから自然と得られるものだった。ところが今では、技術や自動化が進み、多くの仕事は奪われた。奪われずに残る仕事をするコミュニティへの参加するための門戸はあまり開かれていない。多くの人々は世界から隔離されたような感覚を抱き、落ち込み、その虚無感を何とか埋めようともがいている。」”To keep our society moving forward, we have a generational challenge: to not only create new jobs, but create a renewed sense of purpose.”「社会を成長させ続けるため、我々は今困難に直面している。それは新しい仕事を作るということだけではなく、人々にとっての何か新しい人生の意義を作る、ということだ。」”my hope was never to build a company, but to make an impact.”「今まで一度も、会社を作りたいと思ったことはなく、ただただインパクトを作りたかったんだ。」”A couple years in, some big companies wanted to buy us. I didn’t want to sell. I wanted to see if we could connect more people.”「何年か前、大きな会社がFacebookの買収を打診しに来た。僕は会社を売り渡したくはなかった。Facebookでもっと多くの人々を繋げられるか、見てみたかったんだ。」”Nearly everyone else wanted to sell. Without a sense of higher purpose, this was the startup dream come true.”「ほとんどのスタートアップ創業者は、そんな状況になれば会社を売りたいと考えたはずだ。だって、崇高な事業の意義を除けば、買収されることはスタートアップ企業の夢が叶ったと言える瞬間だからね。」

人生の意義が見いだせる世界の作り方

“Today I want to talk about three ways to create a world where everyone has a sense of purpose: by taking on big meaningful projects together, by redefining equality so everyone has the freedom to pursue purpose, and by building community across the world.”「今日、僕は人々が人生の意義を持てる世界を作るためのとっておきの三つの方法について、お話します。それは、大きな意義があるプロジェクトを一緒にやること、人々が意義あることをやり遂げる自由を持てるための公平さを再定義すること、そして世界に渡ってコミュニティを作ること、の三つです。」

大きな意義があるプロジェクト

“First, let’s take on big meaningful projects. “Every generation has its defining works. More than 300,000 people worked to put a man on the moon – including that janitor. Millions of volunteers immunized children around the world against polio. Millions of more people built the Hoover dam and other great projects. These projects didn’t just provide purpose for the people doing those jobs, they gave our whole country a sense of pride that we could do great things. Now it’s our turn to do great things. I know, you’re probably thinking: I don’t know how to build a dam, or get a million people involved in anything. But let me tell you a secret: no one does when they begin. Ideas don’t come out fully formed. They only become clear as you work on them. You just have to get started. If I had to understand everything about connecting people before I began, I never would have started Facebook.”「まず最初に、大きな意義あるプロジェクトについて。全ての世代には代表的な意義ある仕事が存在します。清掃員を含めた30万人以上の人々が月面着陸プロジェクトのために働きました。何百万人ものボランティアが世界中の子供達のポリオの発症を防ぐために働きました。何百万人もの人々がフーバーダム建設プロジェクトに携わりました、それ以外にも意義ある大きなプロジェクトはたくさんあります。これらのプロジェクトは単純に仕事を供給しただけでなく、国全体に自分たちは凄いことを成し遂げられるという一種のプライドを与えました。そして今度は、僕らが何か大きなことを成し遂げる番だ。君たちが、『俺、ダムの作り方もわからないし、ましてや何百万人もの人々を巻き込み方はなおさらわからない。』と考えているのもわかるよ。でも、一つ秘密を教えてあげよう。『誰も始める時にはわからない』、これが答えだ。何か考えというのは、完全な形で最初から出来上がっているものではないんだ。その考えは、やっているうちに明確になってくるもので、君たちはとにかくまず始めなければならない。僕自身の場合、もしFacebookを始める前に、人々を繋げるということの全てをわかっている必要があったとしたならば、僕はFacebookを始めてすらいなかっただろう。」”In our society, we often don’t do big things because we’re so afraid of making mistakes that we ignore all the things wrong today if we do nothing. The reality is, anything we do will have issues in the future. But that can’t keep us from starting. So what are we waiting for? It’s time for our generation-defining public works. How about stopping climate change before we destroy the planet and getting millions of people involved manufacturing and installing solar panels? How about curing all diseases and asking volunteers to track their health data and share their genomes? Today we spend 50x more treating people who are sick than we spend finding cures so people don’t get sick in the first place. That makes no sense. We can fix this. How about modernizing democracy so everyone can vote online, and personalizing education so everyone can learn? “「僕らが生きるこの社会で、僕らはあまり大きなことをしようとしない。それは僕らがミスを恐れているからで、もし何もしなければ、今日間違っているすべてのことを僕らは無視しているということになる。しかし真実は、自分たちがすること全て、いずれは問題を抱えるということである。しかしその真実が、僕らの行動の妨げをしているわけではない。(自分たちでブレーキを勝手にかけているだけである。)だとすると、僕らは何を待っているんだろう?今こそ、世代を代表する事業に取り組むべきときではないだろうか。温暖化で地球を破壊してしまう前に、太陽光パネルを設置して、問題を解決するのはどうだろうか?ボランティアを募り、健康状態や遺伝子情報を把握し、全ての病気を治すのはどうだろうか?今日、そもそも病気にならないように使うべきはずのお金よりも、病気になった後の治療のためのお金に、何と50倍も多く使われている。これは全く意味が無いことで、僕らはこの問題を解決できるはずなんだ。もしくは選挙制度をもっと近代化して、誰でもオンラインで投票するようにしたり、誰でも学べるように教育を個人レベルで提供してみてはどうだろうか?」

自由と公平さの再定義

“The second is redefining equality to give everyone the freedom they need to pursue purpose. Many of our parents had stable jobs throughout their careers. Now we’re all entrepreneurial, whether we’re starting projects or finding or role. And that’s great. Our culture of entrepreneurship is how we create so much progress.”「二つ目は、人々が意義あることをやり遂げる自由を持てるための公平さを再定義すること。僕らの両親の多くはキャリアを通じて終始、安定した仕事を持っていたね。僕らの仕事はどうかというと、プロジェクトを立ち上げる、見つける、その中で役割を果たすなど、みんな働き方は起業家的だ。それは素晴らしいことだと思う。僕らの起業家的な労働文化が、これだけ社会を進歩させたと言えるだろう。」”But today, we have a level of wealth inequality that hurts everyone. When you don’t have the freedom to take your idea and turn it into a historic enterprise, we all lose. Right now our society is way over-indexed on rewarding success and we don’t do nearly enough to make it easy for everyone to take lots of shots. Let’s face it. There is something wrong with our system when I can leave here and make billions of dollars in 10 years while millions of students can’t afford to pay off their loans, let alone start a business.”「ただ、僕らは今、金銭的格差という問題に直面している。君が自分のアイデアを行使できる自由がなく、歴史的な大企業にそのアイデアを明け渡さないといけないとしたら、僕らの戦いはそこで終わりだ。今、社会は(経済的に)価値ある成功という部分に重きが置かれすぎていて、誰もがたくさんトライできる状況には程遠い。今こそ現実と向き合おう。今ここで僕がFacebookを手放したとして、10年に渡り、何十億ドルもの大金を得る一方で、何百万もの学生がローンを相殺できないということは、僕らが生きる社会のシステムのどこかがおかしいと言わざるをえない。個人がビジネスをできるようにしよう。」”Let’s give everyone the freedom to pursue their purpose — not only because it’s the right thing to do, but because when more people can turn their dreams into something great, we’re all better for it.”「全ての人々に、人生の意義を全うできるための自由を与えよう。それは単にそうすることが正しいからというだけでなく、より多くの人々が素晴らしい夢を成し遂げる時代になったほうが、それは社会全体にとって良いことだから。」

コミュニティの重要性

“The third way we can create a sense of purpose for everyone is by building community. And when our generation says “everyone”, we mean everyone in the world.”「三つ目の方法は、コミュニティを築き上げることでみんなの人生の意義を生み出すというものだ。僕らミレニアル世代が『みんな』という場合、それは世界の全ての人々ということになるね。」”We all get meaning from our communities. Whether our communities are houses or sports teams, churches or a cappella groups, they give us that sense we are part of something bigger, that we are not alone; they give us the strength to expand our horizons.”「僕らはみんな自分たちが所属するコミュニティから、何かしらの意味を見出す。それが家だろうが、スポーツチームだろうが、教会だろうが、音楽グループだろうが、コミュニティは何か自分より大きなものへの帰属意識を与え、僕らは一人じゃないという感覚を与えてくれる。そして、僕らの視野を広げるための強さを与えてくれるんだ。」”Change starts local. Even global changes start small — with people like us.”「変化は小さなところから始まる。世界的な変化でさえ、僕らのような小さな人々のコミュニティから始まるんだ。」

終わりに

“Class of 2017, you are graduating into a world that needs purpose. It’s up to you to create it.”「2017年卒業のみんな、君たちは人生の意義が必要な世界へと卒業していく。その世界を作るかどうかは、君たち次第だ。」”I hope you find the courage to make your life a blessing. Congratulations, Class of ’17! Good luck out there.”「このスピーチの中から、君たちの人生を幸福にできる勇気を見つけてくれたことを心から願っているよ。卒業おめでとう、幸運を祈る!」

これが、ハーバード大学で行われたマーク・ザッカーバーグ氏によるスピーチの翻訳です。ミレニアル世代を代表する企業であるFacebookの創業者でもあり、現役でCEOを務めるマーク・ザッカーバーグ氏の言葉には、それぞれ重みが感じられますよね。今後も、華麗なるミレニアル世代の経営者マーク・ザッカーバーグ氏の動向から、目が離せません!