アメリカの道北エリア的存在のモンタナ州、ロッキー山脈のグリズリーやオオカミに会いに行こう!

モンタナ州は、アメリカ中西部に位置している人口100万人程度の州です。カナダとの国境に面しており、イエローストーン国立公園など自然が豊かな場所として有名です。2017年時点で、おおよそ800人程度の日本人が住んでいるとされています。モンタナ州は様々な地形に恵まれているため、自然を満喫するには最適な場所です。そんなモンタナ州の魅力をまとめてみました。

モンタナ州の基本情報

A post shared by Mike (@michaelbotha_) on


日本からモンタナ州への直行便はなく、シアトルやデンバーで乗り換えるのが一般的です。州の西部にはロッキー山脈につながる山が連立しており、冬はスキー、夏はキャンプなどのアクティビティが人気があります。意外なところでは、全米でもっともたくさんの灰色熊(グリズリー)が生息している州として知られています。筆者の個人的な感覚ですが、日本で言うところの北海道の道北エリアに通じる感じがします。モンタナ州の州都はヘレナで、19世紀後半のゴールドラッシュのときにジョージア州からやってきた男4人組が砂金を発見したことから出来た街です。人口は周辺地域も含めて7万人程度です。ゴールドラッシュの頃は、全米で最も億万長者が多く住む街として知られるほど金が採れたエリアでした。

モンタナ州の観光

A post shared by DroneOne Media // John Conrad (@droneonemedia) on

モンタナ州の観光は、とにかく自然を満喫することに限ります。広大なロッキー山脈や、地球上で最も手つかずの自然が残っているエリアがたくさんあります。モンタナ州は登山家、ハイカー、冒険家など自然を愛する人にとっては聖地と言える場所です。なかでも絶対に外せないのは、グレイシャー国立公園です。道路の真ん中をグリズリーが闊歩するところに遭遇するかもしれません。

Grizzly and Wolf Discovery Center(グリズリー・アンド・ウルフ・ディスカバリー・センター)

A post shared by Katie Orlinsky (@katieorlinsky) on


モンタナ州の自然のなかで、生態系の頂点であるグリズリーとオオカミを観ることができます。イエローストーン国立公園などで、運がよければ野生の熊や狼を観ることができますが、遭遇できなかった場合やもっと詳しく生態を学びたいときには、訪れる価値があります。きっとオオカミの大きさに驚きますよ。

Big Sky Resort, Montana(ビッグ・スカイ・リゾート・モンタナ)

A post shared by Caitlyn (@cm_photos11) on

モンタナ州と言えば大自然が有名ですが、全米に限らず世界中のスキー愛好家が憧れるスキー場があります。なかでもビッグスカイリゾートは、世界初の国立公園に面したスキー場というキャッチフレーズで売り出されています。コースは250もあり、初心者からでも楽しめコースやプロが使うようなコースも充実しています。冬だけでなく、夏場はハイキングコースも整備されているため一年を通して楽しめます。

Yellowstone National Park(イエローストーン・ナショナル・パーク)

A post shared by Америка | США | USA (@america_usa_believe) on

モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州の3つの州をまたぐ形で存在する、巨大な国立公園です。1872年に世界で初めて国立公園に指定されました。全米で最も人気がある国立公園としても知られ、毎年400万人を越える観光客が訪れるとされています。イエローストーン地区は、現在でも熱水が噴き上がる火山地帯です。現在でも火山活動は続いていて、過去2年でおおよそ12cmほど地盤が上昇しています。オオカミやグリスリーが生息する貴重な場所でもあります。

モンタナ州には特に有名な近代的観光地はあまりありませんが、自然が好きな人にとっては本当に素晴らしい場所です。冬は厳しい気候のためあまりおすすめできませんが、夏から秋にかけては山も川もどこを見ても美しいの一言に尽きるでしょう。この夏に長期休暇が取れそうなかたはぜひ検討してみてください。