アメリカで億万長者になれるかも!?ダイヤモンド発掘で一攫千金を狙うなら、アーカンソーのCrater of Diamonds State Parkへ!

億万長者になれる可能性は、どこに転がっているかわかりません。都合のいい話はないと疑う前に、まずはアーカンソー州のCrater of Diamonds State Park(クレイター・オブ・ダイヤモンド州立公園)へ出かける準備を始めましょう。そこは世界で唯一、個人が自由にダイヤモンドを探せる夢のような場所なんです。今回は、運が良ければダイヤモンドを得られるかもしれない、アメリカンドリームが眠るCrater of Diamonds State Parkをご紹介します。

大自然に恵まれたアーカンソーの州立公園

A post shared by Katie English (@katieannenglish) on


Crater of Diamonds State Park(クレイター・オブ・ダイヤモンド州立公園)は、アメリカの中南部に位置するアーカンソー州にあります。アーカンソー州は、別名「Natural State(自然の州)」で親しまれるほど大自然に恵まれた土地です。そびえ立つ山や、澄んだ小川が流れる様は、都会の喧噪を忘れさせてくれるほどの雄大さで溢れています。キャンプやトレッキングなど、休日をアクティブに過したい人にはピッタリの州と言えるでしょう。そんなアーカンソー州の中でも、Crater of Diamonds State Parkのあるマーフリーズボロ(Murfreesboro)は、小さな田舎町にかかわらず、多くの観光客が押し寄せます。もちろん彼らの目的は明白、お宝探しの冒険を求めているに違いありません!忘れた喧噪もよみがえる、むしろ都会より熱気に包まれた宝石の町です。

まだまだ出てくる?思わず期待してしまいそうなくらいダイヤモンドが見つかっている?

A post shared by Southwest Arkansas Story (@arstory_sw) on


Crater of Diamonds State Park(クレイター・オブ・ダイヤモンド州立公園)に到着したら、すでにあなたはハンターの仲間入りです。1906年に初めてダイヤが発掘され、1972年にCrater of Diamonds State Parkが誕生して以来、幸運な人々が驚くような価値のあるダイヤモンドを手にしています。人生を変えるかもしれない輝きが、あなたの足元で掘り出されるのを静かに待っているかもしれません。今年もすでに10代の少年が7.44カラットのダイヤモンドを獲得しており、昨年の2016年には園内で501個のダイヤモンドが発見され、その内17個が1カラットを超えるサイズであったことが報告されています。

いざ、ダイヤモンド発掘へ、完璧な装備で挑んでみよう!

A post shared by Beo n Colby (@beo.n.colby) on

もし、あなたが本気でダイヤモンドを発見したいのであれば、入場料の他に色々と準備を整えなければなりません。まず発掘作業に必須のシャベルやバケツ、また日差しが強いときには帽子や日焼け止めを用意しましょう。もちろん、作業道具などのレンタルは園内にもあるので、自前じゃなくても良いという人は、そちらを利用してもいいかもしれません。さらに、発掘を行なう際は、服装にも気を配りましょう。ヒールは当然NGとして、できれば長靴など汚れても平気なものを着用したほうが発掘向きです。

筋肉痛に眼精疲労、ダイヤモンド獲得までの長い道のり!?

A post shared by Chella ✌🏻️🖖 (@chellabear) on


ダイヤモンドを掘り当てるには、とにかく運と根気が必要です。掘る、掘った土をほぐす、ふるいにかけて水で洗う、洗った土をくまなく探す、この一連の作業を繰り返しましょう。泥だらけ、汗だくになりながら、ダイヤモンドを発掘作業をすることになりますが、むしろ、それが宝探しの醍醐味かもしれません。ダイヤモンドでなくても、水晶やアメジストなどが見つかることもあるので、最後まで諦めずに掘り続けてみましょう。

Crater of Diamonds State Park(クレイター・オブ・ダイヤモンド州立公園)には、訪れる人に夢と希望を与えてくれます。ちょっとよこしまな気持ちかもしれませんが、貪欲に生きてこそ人生!運が良ければ、何時間も掘り返すことなく、あっという間にダイヤモンドが見つかるかもしれません。身支度を整えたら、さっそくあなただけのダイヤモンドを探しに出かけましょう!