アメリカのバスルームの掃除に困っている駐在妻が多いらしい?固定式のシャワーだけでどうやって掃除するの?実はそれにはコツがあるのです!

日本人は温泉やお風呂が大好きなので、アメリカのシャワー生活には正直満足できないのではないでしょうか?バスタブがあれば良い方!電話ボックスのようなシャワーのみという家も少なくありません。ホテルなんかでも安い所を選んでしまうと、バスルームが最悪ということが多いですよね。そんなアメリカのバスルーム事情で、筆者が非常に困っていることがあります。そこで今回は、アメリカのバスルーム事情と、アメリカの水回りを掃除するときの豆知識をご紹介していきます!

固定のシャワーでどうやってバスルーム全体を掃除したらよいかわからない!

典型的なアメリカのバスルームは、このようにユニットバスでシャワーが固定されているものが多いです。残念なことにこのシャワーはバスタブの後ろの方まで届きません。洗剤とスポンジでバスタブを洗っても流す術がないんです。できることは、バスタブにお湯をいっぱいためてバシャバシャ流すことくらいです。キレイなバスタブに入りたい!ということで色々考えました。

バケツか桶を使って泡を流す

すっかり一年、100均ので過ごしていた🙌 #手桶 と#洗面器 を新調。 セールになっていて、三割引で買えた😄 #バスルーム

えびっこさん(@ebikkod)が投稿した写真 –

筆者は日本からこういった手桶を買っていきました。100円均一で買ったかと思います。これがとっても便利です!掃除に使うのはもちろんのこと、固定式のシャワーですとなかなか届かなくてもどかしかったところに簡単にお湯をかけられます。

こういった手桶はなかなかアメリカでは入手できないかもしれないですが、バケツであればWalmartなどどこででも入手できると思います。

基本的に雑巾のようなものでの拭き掃除にする

日本でのシャワーをバシャバシャかけるような風呂掃除のイメージは捨てて、拭き掃除で対応する。スポンジ等で洗うところまでは通常のステップで掃除を進め、最後に本来はシャワーでざーっと流したいところを我慢して、全てふき取りできれいにするという方法もあります。

実際アメリカ人の友達にどうやって掃除しているか聞いたところ、拭いているかな~という答えが返ってきました。物足りなさが残りますがこれが一番手軽な方法だと思います。強力なバスルームクリーナーを全体に吹きかけて、スポンジかたわしで擦り、その後は拭き取る。

ヘッドを伸ばせるシャワーに自分で変えてしまう

アメリカ人の友達に聞いた時に、拭くかな~という答えの後に、伸ばせるシャワーヘッドに変えてしまったらよいと思う、そんなに高くないよ、と言われました。こういったシャワーヘッドは英語で「hand-held showerhead」と言いまして、ホームセンターのようなところに売っております。これを自分でうまく取り付けられるかは疑問ですが…。ただこれに変更できれば、掃除だけでなくシャワー中のもどかしい思いも解消できます!

慣れてしまえば簡単です!シャワーの外が水浸しになることもたまにありますが、そんな場合はモップでささっと拭いてしまいましょう。アメリカで生活していると日本の常識とかけ離れていることが多くありますが、試行錯誤し一つ一つ納得していくことが快適な生活を送るコツなのかもしれませんね。