アメリカ在住ママに聞く、日本から持っていくべきベビー用品5選!

日本のベビー用品は、種類の豊富さや、かゆいところに手が届くきめ細やかさがあり、大変便利です。日本にいる時は中々良さが気づかなかったりしますが、アメリカのベビー用品を使ってみて、そのクオリティの低さにビックリしてしまった方も少なくないのではないでしょうか。もちろんアメリカの赤ちゃんが使うベビー用品でも育児はできますが、日本製で便利なものがあれば是非活用したいですよね。今回はアメリカ在住ママが日本から持ってきて良かった!と評判のベビー用品5選をご紹介します。

新生児用肌着


アメリカでは、新生児でも頭からかぶせるボディースーツを着せるのが一般的。海外在住のママが使ってよかったと評判なのが、日本製の前開き長短肌着です。日本人ママからすると、首が座らない赤ちゃんにはやっぱり着物型が使いやすいですよね。長短それぞれ3~4枚程度あると便利です。

ガーゼハンカチ

日本では出産の入院時に持ってくるように指定されることも多いガーゼのハンカチですが、アメリカで見かけることはあまりありません。タオルなどで代用もできますが、軽くてかさばらず、繊細な赤ちゃんの肌にも安心して使えるガーゼは色々と使えるのでおススメです。

ベビーお手入れセット

これぞ日本製!とアメリカ在住ママが感心するのが細々とした赤ちゃんのお手入れ道具。海外ではなかなか見かけない、かゆいところに手が届くグッズはアメリカ人のママ達にも驚かれるようです。特に日本製の赤ちゃん用の爪切りや鼻吸い器は、日本から持っていくととても役に立ちます。赤ちゃんのお手入れに便利なグッズが色々入っているセットが日本では売られていますので、渡米前に調達したいところです。

携帯用ミルク

アメリカでは様々な粉ミルクや液体ミルクが販売されていますが、小分けになった携帯用ミルクは一般的ではないようです。日本では粉状やキューブ状で1回使い切りタイプの各メーカーの携帯用ミルクがあります。もしミルク育児でない場合も、小分けなので緊急時や離乳食にも使え、持っておくと重宝します。本記事の筆者も母乳育児ですが、携帯用のものを少し常備するようにしています。

離乳食

アメリカでは野菜や果物の離乳食の缶やパウチはたくさんありますが、1品の献立となっているものはあまりありません。日本では赤ちゃん用の肉じゃがやシチュー、魚など豊富なメニューが取り揃えられていて見た目にも美味しそうと、海外在住のママ達に人気です。お出かけ用におかずとごはんがセットになってスプーンもついているお弁当セットなども色々種類があります。荷物になってしまうようならフリーズドライタイプは軽く日持ちがするので便利です。

アメリカ在住の方が見て、「確かにこれは日本から持ってくると便利!」と思うアイテムをご紹介しました。アメリカ製の可愛いベビーグッズもたくさんありますが、素材の良さや細かい心遣いは日本製ならでは。赤ちゃん専門店に行くとたくさんの商品から選ぶことができるので、日本で買い物をする機会があればぜひ行ってみてくださいね!もしくは、アメリカで子育てをしている友人のお土産などに、ベビー用品は最適ですよ!