お子さんを持つ駐在妻必見、アメリカで人気のスポーツ系習い事とは?

筆者は主人の仕事上の都合で、ニューヨーク郊外に引っ越してきたのですが、それも半年を過ぎた辺りから大きな変化が我が家に訪れました。それは小学校4年生の息子と3年生の娘の体重の増加です。アメリカに来て移動手段はほぼ車となり、子どもたちの運動する量が圧倒的に減ってしまい、スリムだった2人もすっかりぽっちゃり体型になってしまいました…。このままではまずい!ということでスポーツ系の習い事を始めさせることにしました。幸いなことに、ここニューヨークではとても多くの子供向けの習い事の選択肢があります。大きく分けて市が主催するものと、学校が主催するものの二つがあり、市主催のものは値段がお手頃です。今回は、筆者の体験談を交えながら、アメリカで在米日本人キッズに人気のスポーツ系習い事をまとめてみましたので、ご紹介します。

スポーツ系習い事の王道


サッカーと野球はほとんどの市でチームを持っています。特筆すべきは女子サッカーが日本以上に盛んなこと。練習も試合も、それぞれ年齢・性別ごとに分かれて行っています。娘の所属している女の子チームは、同年代の男子チームより人数が多いんです!女子サッカーは昔からアメリカでは盛んでしたが、最近では男子サッカーも人気が出てきています。プロサッカーリーグであるメジャーリーグサッカーの人気にも拍車がかかっていますので、是非お子さんに促してみてはどうでしょうか?また、水泳も人気があります。ただ、市で実施しているのは、週末に行う他の町のチームとの試合を目的としたもの。平日の練習はひたすら泳ぎ続けるという、ちょっとハードな内容になっています。泳ぎ方の細かい指導をしてくれるのは、日本と同様にスイミングスクールなので、目的に合ったところに所属するようにしましょう。

アメリカならではのスポーツ系習い事


アメリカで人気のスポーツといえば、やはりアメリカンフットボールですね。お父さんたちの練習参加率がとても高いです。土日の練習や試合会場に行くと、お父さん方の応援の気迫に圧倒されます。ちなみに我が家は“foot ball”の申し込み書をもらってきてサッカーだと思って申し込みにいったら、アメフトだったという間違いをしたことがあります。アメリカでフットボールといえば、サッカーではなくアメフトです、皆さんもお気をつけください。またアメフトとも関連があるもので人気なのが、チアガール。女の子たちが、セクシーな先生の動きをお手本に一生懸命踊る姿はとてもかわいいです。チアダンスの練習に加え、土日のタウンのアメフトチームの応援に行くのもチアガールの役目です。

日本ではちょっと珍しいスポーツ系習い事


こちらへ来て、「さすがアメリカだなあ!」と感じた習い事は、アーチェリーとゴルフです。しかも、どちらもお値段がお手頃!筆者が住む街では、どちらも大きな公園の中で実施しています。また、テニスやラクロスもそれぞれ市主催の練習があります。さらに高みを目指したい人は少し高めのスクールに通う、という使い分けをしてるようです。特にテニスはその傾向が強いようです。また日本では大人の習い事として一般的なヨガですが、筆者が住む街の図書館では、小学生向けとティーン向けにそれぞれ無料で毎週ヨガのクラスが実施されています。

子供向けの習い事で私が驚いたのは、選択肢の多さと、何と言ってもその値段の手頃さです。多くの習い事の値段がとてもお手頃なので、どれも気軽に始めてみることができます。そして、アメリカのスポーツの特徴として、シーズンごとにできるスポーツが違うということ(サッカーや野球などは春~秋までですが、スイムチームは秋~春など)。シーズンごとに習い事を変えるのはアメリカではとても一般的なことです。いろんな体験を通して、どのスポーツが自分の子供に合っているのかがわかりますので、せっかくのアメリカ滞在中の期間に、お子様にぜひ何かスポーツ系の習い事を色々とトライさせてみてはいかがでしょうか?