これって人種差別かも?日本人がアメリカでそう感じた時、黙っているべき、それとも主張すべき?

多民族国家と言われるアメリカ。多民族国家だからこそ、肌の色や人種の違いから差別が起こることもしばしば。相手にその意図がなかったにもかかわらず、日本人に対する無知な発言で気分を害した経験のある方も多いのではないでしょうか?今回は、筆者自身が経験した人種差別と対処法について書きたいと思います。

アメリカの人種差別

A post shared by Люди и их слова (@soreal.ru) on


実は、アメリカでは半世紀くらいまで前は、肌の色や人種によって受けられる教育や就ける仕事が分けられていました。そもそも当時は、まだ人種差別に対するきちんとした法律がなかった時代です。実際に、アメリカで人種差別に関する法律ができたのは、1960年代以降です。

現在のアメリカでは、もちろん肌の色や人種による差別は一切禁止されているので、どの国民にも平等な権利を与える法律があります。また、肌の色や人種だけでなく、マイノリティーに属する人たちの権利も守られています。

日本人に対する人種差別

A post shared by Museum of Chinese in America (@mocanyc) on


筆者の住んでいる州は移民が多いため、それほど人種差別を感じたことはありません。ただ、何故かアジア人はみんなチャイニーズ(中国人)だと思っている人は多いです。決して彼らに悪気があってアジア人全員を中国人と呼ぶのではなく、アジアの国について知らない人が多いことが原因だと思います。実際、アメリカにいるアジア系移民の中で最も多いのが中華系です。これは、世界の人口統計を見ても仕方ないかなと思います。

また、アメリカ人の間でアジア諸国に違いがあることを知っている人って案外少ないんです。特に、日本から離れた州に住んでいる人達の場合、日本はとても遠い国。そのため、アジア人を見ると、みんな同じ民族だと思ってしまうんだと思います。まあ、これを日本人側の立場から言い換えてみたら、実際にはそれぞれ違う言葉を話し、違った歴史を持っているのに、ペルー人もブラジル人もトリニダード・トバゴ人もみんなラテンアメリカに住んでる人達だから、みんな同じ!と思っている人が多いのと同じ感覚ではないでしょうか?

アメリカは色々な国からの移民によって成り立っている国ですから、ヨーロッパのイタリア出身であろうと、フランス出身であろうと、アメリカで生まれ育っている人はみんなアメリカ人という扱いです。~系アメリカ人と呼ぶこともありますが、基本的にそう呼ぶのは、アメリカ生まれではなく、他国で生まれてアメリカへ移民として渡った人達のことを言います。

しかし日本の場合、島国で一般的に単一民族国家と呼ばれていますよね? 日本人か非日本人かどうかは、自分達の先祖のルーツをベースに考える人が多いと思います。だから、外国人から他の人種で呼ばれると、何で私達の民族のことを正しく理解してくれないのか、不思議に思う人も多いのではないでしょうか?

アジア人に対する人種差別はどこの州でもあるの?

A post shared by DR K (@drk_tv) on


これは、州というより、住んでいるエリアによっても違うと思います。例えば、白人が多いエリアに住んでいる場合、はっきりと白人VS非白人という区別が残っているところもあります。人種差別に対する法律があるものの、今でも白人至上主義的な考えを持つ人達が集まるグループや組織は存在します。

アジア人に対する人種差別がどうしても耐えられない!と思うのであれば、ハワイ、カリフォルニア、ニューヨークあたりで生活するのが良いと思います。日本人や日系人も多く住んでいるので、そういった差別的な言動を感じることは少ないでしょう。

もし人種差別的な言動を言われたりされたりしたらどうすれば良い?

A post shared by Travelbeside (@travelbeside) on


とにかく気にしないのが一番だと思います。もちろん、された側にしてみたら気分は悪いですよね?筆者自身も、夫と結婚した際に、彼のお母さんからアジア人を理由に少し見下す態度をされたことがあるので、その気持ちはよく分かります。筆者の場合、夫から「アジア人の民族の違いが分からないなんて、他人から教養が無い人間だと思われるからやめて欲しい!」とはっきり言ってもらいました。それ以降、彼女からそういったことは一切無くなりました。

もし、こういった人種差別的な言動を身近にいる人に言われたりされたりしたら、自分のパートナーや親しい友人達を通して言ってもらうのが一番だと思います。決して文句と考えずに、正しい知識を教えてあげる感覚で伝えてあげれば良いのでは?

これがもし通りすがりの人や知らない人に突然言われたら、無視するのが一番です。アメリカの場合、銃を持っている人も多いため、知らない人に気軽に口答えしたりするのは大変危険です。もし、危険でないようなシチュエーションで言い返せるようであれば、「私は、お寿司の国出身よ!」とひとこと言ってあげるのもいいかもしれませんね。お寿司については、大半のアメリカ人は食べたことがありますし、日本の食べ物だということがそれなりに認知されています。あるいは、「あなたが今乗ってるトヨタの国よ!」って切り返すのも良いのでは?

お寿司やトヨタといった車のブランドは、アメリカに限らず世界の国々でも知られています。もし、こう答えて相手が???という顔をしたら、本当に教養が無い人だと思って、忘れることに努めましょう。

売り言葉に買い言葉ではないですが、アメリカ社会では、自分の意思表示を相手に示すことはとても大切です。謙虚でいつも受身姿勢でいると、アメリカ社会では生きていくのは中々難しく、自分の考えを主張することも必要になってきます。みなさんは、もし人種差別的な言動を言われたりされたりしたら、どのように切り返しますか?あるいは、どのように対応していきたいと思いますか?対処の仕方に正解、不正解はありませんが、いざ自分がそういう状況に置かれたときをイメージして、心づもりをしておくことが重要です。