アメリカ駐在妻にとっての主婦の友オキシ・クリーン、掃除・洗濯以外の使い方もできるこの一本で家中がピカピカになる活用方法とは?

アメリカのスーパーで、「オキシ・クリーン(Oxi Clean)」という商品は見たことがありますか?日本でも最近注目されはじめたオキシ・クリーンですが、実はマルチな用途に使える便利なグッズなんです。他にも似たようなもので体に優しい成分で作られている「オキシ・ブースト(Oxy Boost)」や、安い価格帯で売られている各スーパーのオリジナルブランドのものなど様々な商品があります。今日は洗濯物をはじめ、様々なものに使えるオキシ・クリーンの活用方法をご紹介します。これひとつあればいろんなことに使えてしまいます!

洗濯物の汚れを落とす

A post shared by Gabrielle Rei (@operator.6) on


オキシ・クリーンのメジャーな使い方は、洗濯に使う方法です。普通に洗濯機に洗剤と一緒に入れて洗うことで、いつもよりもしっかりと洗濯物を洗うことができます。しつこい汚れの場合は、水で薄めたオキシ・クリーンに6時間ほどつけ置きすることで汚れが取れます。ブリーチとは違い、カラーものにも安心して使えるのがオキシ・クリーンのいいところです。

カーペットの汚れを取る

A post shared by Safe-Dry (@safedrycarpetcleaning) on


カーペットについた汚れを取る際は、水に薄めたオキシ・クリーンを汚れた部分につけて1〜5分ほど待ってから、キッチンペーパーやタオルなどでたたくようにして汚れをとりましょう。ホームパーティーなどで汚れてしまった時も、これさえあれば応急処置として十分役立つでしょう。

お風呂のタイルをきれいにする

A post shared by akane (@twin0522star) on


お風呂のタイルの汚れも、オキシ・クリーンを使うことで取ることができます。水で薄めた液をスポンジなどを使ってつけましょう。5〜30分ほど置きます。この時にちょこちょここすったりして、液が乾いてしまわないように気をつけましょう。最後は冷たい水で洗い流すだけで、タイルがピカピカになります。

お風呂のガラスドアやステンレス枠をきれいにする

A post shared by Ultimate Glass Art Chicago (@ultimateglasschicago) on


ガラスドアのバスルームの場合、定期的に掃除しないとこびりついた汚れがとりづらいですよね。でも、オキシ・クリーンを使えばこすらず簡単にピカピカのガラスにすることができます。キッチン用のオキシ・クリーンを使えば、曇り止め効果もありきれいなガラス窓が長持ちします。適当に薄めた液をスポンジにつけてこすってみてください。石鹸カスなどもスイスイとれます。また、ステンレスの枠も新品のようにきれいになります。

キッチンのシンクやマグカップの色素沈着をとる

A post shared by Lauren Ford (@lalalaurenelaine) on


陶器製のシンクやマグカップは、使っていると色素が取れなくなりますよね。そんな時はオキシ・クリーンをかけて 10〜20分ほど置いておきましょう。流すときれいなシンクやマグカップに元通りになります。

キッチン用品の抗菌

A post shared by ショコ (@shoco.chair) on


お皿、コップ、まな板などは薄めたオキシ・クリーンにつけ置きすることで抗菌ができてしまいます。20分つけ置きした後に、再度洗剤で皿洗いをしましょう。ガラス製品の曇りが取れてとてもきれいになります。

新しく買った食器のシール剥がし

A post shared by 💎Anndrea💋 (@anndreajensin) on


日本と違って、アメリカの食器についているシールはとってもとりづらいですよね。剥がしていると失敗してちぎれてしまいイライラするものです。オキシ・クリーンを水に溶かした中につけておくと、シールが自然に剥がれてくるんですよ。ついでに抗菌もできて一石二鳥です。

今回の記事では、何にでも使えるマルチな洗剤オキシ・クリーンの活用法を紹介しました。困った時はオキシ・クリーンを使ってみましょう!家に一個あるととても便利なアイテムなので、まだ使ったことがない人はぜひ買って試してみてくださいね。