アメリカでシミ取りがしたい!一体どんな方法でどのくらいの価格なの?

今回は我々日本人のお肌の悩みの上位に常にいる「シミ」問題についてです。年齢と重ねるとシミがどんどん出てきますよね。我々アジア人はシミなりやすいお肌なので、年を重ねるごとに過去に浴びた日焼けの影響が出てきてしまうんです。また、ホルモンのバランスなどでもシミができてしまうことがあります。この忌々しいシミを取るにはどうすればいいのでしょうか?

アメリカのシミ取りはとってもおすすめ

View this post on Instagram

A post shared by Wentworth Aesthetics (@wentworth_aesthetics) on


アメリカに住んでいる方は、日本よりもシミ取りに関する治療方法が多いのでラッキーです。例えば日本の皮膚科や美容皮膚科などでシミ取りをする場合、1センチ四方で数万円かかることもありかなり高価です。アメリカでは美容に関するお買い得ディールがよくあるので、うまくすれば低価格で顔じゅうのシミ取りをできてしまいます。

シミ取りにはどんな方法があるの?

View this post on Instagram

A post shared by Skin Technique (@drpavlou) on


アメリカではいくつかの方法でシミ取りをすることが可能です。シミ取り治療としてよく利用されるのはレーザーやIPL、ハイドロキノンと呼ばれる処方箋のブリーチクリーム、マイクロダーマブレージョン、ケミカルピールなどです。どの治療がオススメなのか?はあなたのお肌にあるシミの種類や原因などによって変わってきます。

これは、皮膚の専門家に診てもらうことであなたに最適な治療法を提案してもらえます。また、これらの治療法はシミだけではなくその他のお肌の悩みも同時に解決してくれるものが多いです。ですので、どの治療にするかはその他に同時に治療したいお肌の悩みなども踏まえて考えるといいでしょう。

シミ取りの治療は何度か必要

View this post on Instagram

A post shared by VIPPS Clinic Puchong (@vippsclinic) on


今回紹介したどの治療法も、シミを完全になくすには何度かの治療を繰り返す必要があります。また、ダウンタイムが長いものもあります。そして、消えたシミがまた数年後に戻ってくることもよくありますので、いい状態をキープするには定期的に治療を続ける必要があります。

エステサロンとクリニックの違い?

View this post on Instagram

A post shared by スリーグランツ (@_3grants) on


アメリカでは、州によってエステサロンでシミ取りができることもあります。その場合はクリニックよりも低価格であったり、プロモーションが行われていることが多いです。

クリニックでの治療の良さは、きちんとシミの種類を判断してもらえること、また、高度な治療も受けられることです。例えばレーザー治療やケミカルピールなどは医師が行ってくれる場合、かなり強いものを受けることができます。

 アメリカでシミ取り治療の相場

View this post on Instagram

A post shared by Lorya Skin & Glam Atelier (@loryaskinandglamatelier) on


では実際のシミ取りの治療はいくらぐらいかかるものなのでしょうか??

今回紹介したように様々な治療があるので価格の相場は25ドルから1800ドルと大きく幅がありましたが、平均は500ドルほどのようです。

<金額の相場>

○ レーザー – 800ドル〜1000ドル(一回照射)
○ IPL – 350 ドル〜600ドル(一回照射)
○ ハイドロキノン – 薬代は100ドル以下
○ マイクロダーマブレージョン – 200ドル
○ ケミカルピール – 100ドル〜1500ドル

今回はアメリカで行えるメジャーなシミ取り治療、またその金額の相場、などについてお話ししました。まずは軽く一度治療を受けてみるといいと思います。何度かの背術が必要な治療の場合は必要な回数をサロンやクリニックで確認して、治療を続けるかどうかを決めていくといいです。時期によってはプロモーションなども多く行われているのがアメリカの美容業界なので、ぜひオンライン、広告、ホームページ、イェルプなどを参考にやってみたい治療、サロン、クリニックなどを決めるといいですよ。