夏休みの自由研究が1日で終わりそう!?巨大なTレックスの化石にも出会える、テキサス州ダラスのペロー自然科学博物館に行ってみよう!

https://www.flickr.com/people/9685675@N04

お勉強に必要なものは、筆記用具でもパソコンでもありません。楽しく賢くなれる、自分から進んで学びたくなる場所に赴き、感動を伴う実体験を得ることです。ダラスのペロー自然科学博物館であれば、すべての世代を虜にする刺激に満ちたコレクションやアクティビティが揃っています。今回は、太古の恐竜から宇宙の旅まで網羅、テキサス州ダラスにある探究心を満たすペロー自然科学博物館をご紹介します。

訪れる人の探究心を育む、ペロー自然科学博物館

A post shared by Varyap 🔹 (@varyapinsaat) on


ペロー自然科学博物館は、2012年12月に開館された自然と科学をテーマにした複合博物館です。そもそもは独立した3つの博物館(Dallas Museum of Natural History/1936、The Science Place/1946、The Dallas Children’s Museum/1995)でしたが、ペロー一族の寄付によりテキサス州有数の新たな博物として生まれ変わりました。お察しの通り、博物館名は設立の功労者であるペロー一族に由来します。

ペロー自然科学博物館は、子どもが退屈するような資料ばかりの静まりかえった施設ではありません。貴重な自然史コレクションを所有するとともに、訪れる人の好奇心に働きかける遊び心たっぷりの展示やプログラムを展開しています。

子どもたちの知育に最適、大人もためになる見応えたっぷりの科学&自然史の常設展

A post shared by T E R I (@teri_arteaga) on


5つのフロアに分けられた館内には、11の常設展示室が設けられています。スポーツ学から細胞学、ロボット工学に気象学、それに恐竜の化石までなんでもあり!小学生がワクワクすること間違いなし、ただ見るだけの展示スタイルから一歩踏み込む体験型のアクティビティが揃っています。

たとえば、実際に土から化石を発掘したり、地震の揺れを体感したり、筋肉の反応速度を計測するなど、じっとしている暇はありません。年齢を問わずに夢中になれる仕掛けがたくさん、すべて巡り終えるころにはヘトヘトになっていることでしょう。

飲食物の持ち込みもOK、いつもの映画館よりも最新鋭?Hoglund Foundation Theatre(ホグラン・ファンデーション・シアター)

A post shared by Roselle Pliego ✨ (@in_dfwfamily) on


歩き回って疲れてきたら、館内にある映画館へ足を運んでみましょう。4Kをはじめとする最新技術を活用、2Dはもちろん3Dによる驚異の映像を楽しむことができます。自然界の驚異や恐竜の秘密まで、ペロー自然科学博物館オリジナルの上映作品どうぞ!いずれの作品もショート・フィルム(約20分)もしくはロング・フィルム(約40分)に分けられており、上映時間によってチケットの金額が異なります。

建築物としても価値ある作品、入館前後は外観の造りもじっくりと観察

A post shared by Dashee (@dmeislova) on


ペロー自然科学博物館の見所は、コレクションやアクティビティだけとは限りません。館全体がまるごと、ペロー自然科学博物館のアイコンであり展示品なのです。

全長は14階建てに相当する約50メートル(進撃の巨人に登場する壁、もしくは東京ディズニーランドのシンデレラ城と同じ高さ)、ダラスに突如として現われたモダン建築はアメリカの建築家Thom Mayne(トム・メイン)によってデザインされました。特に際立っているのが、本館から飛び出たように配置された両面ガラスばりのエスカレーターです。ただの箱物で終わらない、独創性を感じる複雑な構造に注目してみてください。

ペロー自然科学博物館の来館者は、ただ情報をインプットするだけの眠たくなりそうな時間を過すことはありません。脳が活性化するような、刺激に満ちた展示品の数々に喜びながら知識を吸収していくことでしょう。これを機会に、あらためて「学ぶ」ことの楽しさを感じてみてください。