全米都市別アパート賃貸料金ランキング!一番高いのはやはり不動のあの街!アメリカで賃貸物件を探す方法と日米の大きな違いとは?

全米に渡って不動産賃貸事業を展開しているZumper社がNational Rent Report(October 2018)を発表しました。そこではアメリカ全土の1 Bedroom、2 Bedroomの平均賃貸料金ランキングが掲載されています。アメリカは国土がとても広いですよね。都市によって賃貸料金の差が驚くほど大きく、その生活レベルにも大きく影響することが容易に想像できます。

1 Bedroom?2 Bedroom?いったいどんな部屋?

アメリカで不動産を探すときには、日本と違うことが多く発見できます。

まずは部屋数の表記

bedroom-389254_1280
アメリカは寝室の数でその物件を表記することが多いです。例えば、今回のレポートで発表されている、1 Bedroomと2 Bedroomというのは寝室が1つ、2つの物件ということ。1bd、2bdと略されます。

ここで注意が必要なのですが、この表記だけでは日本で言う「DK、LDK」といった、ダイニングルーム、リビングルームに関しては触れられていないということです。アメリカの家は日本の家よりも基本的には広いので、たいていはダイニングテーブルを置けるダイニングスペースとソファやテレビを置けるリビングスペースが別にあります。

しかし物件によっては実は日本で言う、「DK」しかないということもあるので、広さや作りを内見で確認する必要があります。Bedroomの区切りのないワンルームのことは「Studio」と呼びます。

Bathroomに関して

bathroom-1336164_1280
日本とまた大きく違うところと言えば、Bathroomです。

アメリカではBathroomにはシャワー(バスタブ)、トイレ、洗面台が付いていることが一般的です。そして1 Bedroomに対してBathroomが1つ付いていることも多くあります。トイレだけというものもたまに見かけます。その場合は、0.5 Bathroomと記載されています。

Bathroomが1個か2個かというのは大きな差ですよね。ここも賃貸物件を探す際に、確認する必要のある重要な項目です。

全米都市別賃貸料金ランキング

pexels-photo-127611
さて、では全米都市別賃貸料金ランキングをご紹介します。

1位 San Francisco, CA 1bd $3,650 / 2bd $4,800
2位 New York, NY 1bd $2,850 / 2bd $3,280
3位 San Jose, CA 1bd $2,470 / 2bd $3,010
4位 Los Angeles, CA 1bd $2,370 / 2bd $3,240
5位 Boston, MA 1bd $2,360 / 2bd $2,700
6位 Oakland, CA 1bd $2,170 / 2bd $2,750
7位 Washington, DC 1bd $2,160 / 2bd $2,710
8位 Santa Ana, CA 1bd $1,920 / 2bd $2,250
9位 Seattle, WA 1bd $1,910 / 2bd $2,530
10位 San Diego, CA 1bd $1,840 / 2bd $2,500

1位はサンフランシスコでした。サンフランシスコの家賃の高さは有名ですよね。3位のサンノゼを含め、有名IT企業が多く集まるサンフランシスコ周辺は、賃金の高さから不動産の金額も高騰しているのでしょう。

特筆すべきところとして、記載したランキングだけではわからないことですが、昨年8位でランク入りしていたシカゴは今年16位。10%近くもダウンしています。

今回のレポートは100位までの発表だったのですが、100位はオハイオ州アクロンで1bd $550 / 2bd $700、99位のミシガン州デトロイトは1bd $600 / 2bd $700でした。

いかがでしたでしょうか。私たちがよく聞いたことのある大都市はやはり家賃が高いですね。10位以下のランキングが気になる方はZumper社のサイトをご確認ください。

関連記事:「留学生や駐在員必見、アメリカでアパートを借りる際の注意事項5選