別名「バット・シティー」のテキサス州オースティン、毎晩がハロウィン・パーティーと噂の街中で、コウモリ観光をしてみよう!

「Bat City」として知られるテキサス州オースティンは、北米最大といわれるコウモリの生息地でもあります。毎年春から秋頃に大量のコウモリたちが中央メキシコから飛来するため、まるで毎晩がハロウィン・パーティー!特に夏のベビーシーズンには小さなpupたちが誕生して、その数は約2倍(150万匹ほど)に膨れあがります。今回は、コウモリたちをテーマにしたオースティンの見所を紹介します。

シーズン中は観光客に人気のナイトショーが繰り広げられ、コウモリ愛好家たちには最高の場所です。ちなみに、オースティンにやってくるのは、メキシコ・オヒキコウモリ(Tadarida brasiliensis)と呼ばれる種類のコウモリで、主に昆虫を食べて生活しています。コウモリといえば、ヴァンパイアなどのイメージから何を食べて生息しているのだろうと疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、メキシコ・オヒキコウモリを含め、大半のコウモリたちは昆虫や植物を食べます。まさに、空の掃除屋とも呼べるオースティンのコウモリたちは、観光資源と害虫駆除のダブルの役割を果たしてくれているのです。

圧巻の羽ばたきが見られる!太陽が沈むSouth Congress Bridgeへ急げ!

A post shared by Juan E Medellin (@biggedogg74) on

沢山のコウモリたちが夜空を散歩するのを見学したいのであれば、まずはSouth Congress Bridgeを目指しましょう。彼らのお気に入りのねぐらは、まさにココにあります。バード・ウォッチングならぬ、バット・ウォッチングに最適な条件が揃う場所です。夕暮れ頃になると、多くの人たちが橋の周辺に集まり、コウモリたちが飛び立つ様子を楽しみに待つ姿が見られます。ただ、あくまで相手は野生動物なので、頭の上から降りかかるかもしれない粗相には気をつけなくてはなりません。彼らは、一晩に約20万トンもの虫を食べるといわれています。それだけ食べれば、沢山出るのも当たり前!空からの落とし物を回避したいのであれば、帽子や毛布を使って防御してください。

また、橋や芝生の上からだけでなく、サンセットと一緒に楽しむクルーズ、カヤックなど、水上から観察できるツアーも豊富です。ただ、10ドルから45ドルくらいの料金は必要ですが、人混みを避けて行動したいということであれば、ぜひ検討してみてください。

夕暮れから始まるオースティンの祭、コウモリたちと一緒に騒がしい夜を!

A post shared by Blue Water Highway (@bluewaterhwy) on


オースティンの人々は、コウモリたちと上手く共存しています。街に溢れる音楽と同じくらい、コウモリのことを愛しているのです。毎年恒例のバット・フェストには、オースティン名物が盛りだくさん!ずらりと並ぶ出店、ライブステージから奏でられる音楽、子ども向けのアクティビティ、そして何より外せないのがバット・コスチュームコンテストです。大人と子どもの部が開催され、優勝者には賞金として100ドルが贈られます。終日橋は閉鎖され、入場料が必要になりますが、オースティンの良さを一気に楽しみたい、よくばりさんにピッタリのイベントです。

シーズンオフでも問題なし、オースティンの夜を踊りまくる!

A post shared by ✟HEΓENA✟ (@aeternam28) on

うっかりコウモリのシーズンを逃したとしても、オースティンには6番街のBat Barがあります。コウモリのように夜が大好きな大人達が集う、騒がしくてパワフルなクラブです。ネオンに照らされた店内は、なんだかミステリアス!入店するのに、ちょっと勇気がいるかもしれません。ただ、賑やかな雰囲気と生演奏に飲まれてしまえば、コウモリを目的とせずとも、オースティンの夜を訪れる価値を発見できるはずです。

オースティンのコウモリは、街のヒーローのような存在です。巨大な悪に立ち向かうのは少々難しいですが、確実に人の役に立ってくれています。害虫を食べ、観光客を魅了、さらにはフェスや店のテーマを務める、様々な恩恵を与えてくれる主役級の存在です。コウモリのことが好きになれる街、小さなバットマンたちの勇姿を確かめに夜のオースティンを訪れてみてください。