テキサス州ダラス・フォートワースに駐在することになったら、どこに住むべきか?在住者が日本人にオススメのエリアを紹介します!

最近日本人が引っ越してくることが多くなったテキサス州のダラス・フォートワースエリアは、アーリントンを含むメトロエリアとしては、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに続く全米第4位の人口と規模を誇ります(ダラス市単体では第9位、フォートワース市は第16位です)。通称DFWと呼ばれるこのエリアですが、名前の通り二つの主要都市、ダラスとフォートワースから成り立っています。しかし、ダラス・フォートワースの全体面積はロードアイランド州とコネチカット州を足した面積よりも広いと言われ、一体この広いエリアのどこに住めばいいのか戸惑う方も多いのではないでしょうか?今回は、そんなダラス・フォートワース地域で日本人に人気のエリアと、その他オススメ居住エリアを、この地域に在住10年以上の筆者がこっそりご紹介します。

ダラスエリアってどこ?


ダラス・フォートワースだと長いので、地元の人はこのエリアを「DFW(ディー・エフ・ダブリュー)」の愛称で呼びます。しかし、日本人は同じエリアのことを指して「ダラス」と呼ぶことが多いです。その理由は日本人の多くがダラス側に住み、ノースダラスのエリアを遊び場とするからだと思います(ちなみに、フォートワースには米軍基地があるので、昔からそこに住む日本人女性も一定数います)。その方が呼びやすいという理由も存在するでしょうが、地元住民の間では昔からダラスVSフォートワースのライバル的意識が存在するので、テキサスの地元民の方にエリア全体のことを「ダラス」と呼んでしまうと、怪訝な顔をされるかもしれません。

治安に関して

A post shared by Clare Bonthrone (@scullydion) on


まずは治安が気になるかと思いますが、ダラス・フォートワースエリアには、他の大都市にあるような「足を踏み入れたら撃たれる系の極悪エリア」的なものがほぼ存在しません。しかし、当たり前ながら「住むのはおすすめできない」場所は多くあります。よく映画で目にするようなメキシコ人日雇い労働者が雇用主待ちをするエリアがあったり、ギャングがたむろする場所、「ゲットー」の愛称で呼ばれる街もありますが、これはアメリカの大都市圏ではよくある話です。ただ、シカゴのサウスサイドや、ロサンゼルスのコンプトンのような規模の危険エリアはないという意味です。アメリカではストリートが一本違うと治安がまったく違うという現象がよく起きるので、引っ越しの際には十分なご近所さん観察を行いましょう。

他の都市同様、ダウンタウンエリアには治安と家賃の問題があるので、ダラス・フォートワースでも一般ファミリー層は郊外に住むことが多いです。家賃と住人の質は比例する傾向にあるので、あまり安すぎるアパートなどは下見などの注意が必要です。平均世帯収入に関する情報は、US Censusのサイトを参考にしてみてください。ダラス・フォートワースエリアには、とんでもないお金持ちのエリアも多く存在することが分かると思います。

日本人に今一番人気のエリア

A post shared by Elizabeth Zhang (@elizabethzhang19) on


日本人コミュニティーが確実に形成されつつある街、それは、ずばりプレイノとフリスコです。とにかく日本人村に住みたい!という方々に今大人気です。プレイノとフリスコは、ダラスのダウンタウンから25マイル(40㎞)ほど北に位置しますが、ハイウェイのアクセスが良いので、ダラスに出るのも意外と簡単です。25マイルと聞くとかなり遠いように思われるかもしれませんが、テキサスに住む人にとっては余裕の通勤距離です。

プレイノ


プレイノは、テキサス州内ではヒューストンと並び、最も中国系住人の多い街です。彼らがこのエリアに移住し始めたのは1990年代頃で、大型中国系スーパーなどがカリフォルニアから進出を果たしました。アジア食材を求める韓国人や日本人らもそこへ通うようになり、今では韓国スーパーや日系スーパーのミツワ・マーケットプレイスも出店する75号線沿いがアジア人的に一番ホットなエリアになっています。アジア系の生徒らが優秀だからでしょうか、学校のレベルも高いです。プレイノ市は面積が非常に広い街ですが、際立って悪いエリアはないということで、他州から「とりあえずプレイノで」という理由で移動する人も多い気がします。DFWエリアでは、ダラス、フォートワース、アーリントンに次いで、4番目に人口の多い街です。引っ越しの理由に、北米トヨタなど大企業の雇用先が多いという点もあるでしょう。

フリスコ


プレイノのお隣フリスコは、今から15年ほど前に開発が始まった街ですが、とんでもない急成長を遂げている市として有名です。第二のプレイノのような感じで、「プレイノとフリスコってどう違うの?」という質問をよく耳にしますが、1970年代から開発が始まったプレノと比べると、フリスコには新しい建物がより多く、まだ開発も現在進行形といった感じの違いがあります。新品のビルや新規オープンのレストランが多く立ち並び、それほど中国人は多くないという理由で、プレイノよりもう少しアメリカンで洗練された雰囲気があるのではないでしょうか。学区も優秀なので、フリスコもとりあえず選んで安全な場所だと思います。企業の進出も多く、最近プレイノからこちら側に皆だんだん移動してきているような気がします。

その他

●キャロルトン

プレイノ、フリスコの次に人気なのが、その西隣のキャロルトンではないでしょうか。唯一の日本語補習校が所在するのはキャロルトンであり、十分日本人の多いエリアでありますが、最近のプレイノ・フリスコブームに押されつつあります。大型韓国ショッピングエリアがあることでも有名な場所で、数々の焼肉店、Hマートやスーパー銭湯Spa Castleもあります。最近では紀伊国屋やDAISO、くら寿司もできたので、日本人として文句なしのエリアです。

●アレン
プレイノの北隣の街アレンは、ミツワ・マーケットプレイスのすぐ北に位置するので、日本人に人気の街です。地元の人に言わせると、「アレンは高校生スポーツが盛んな街だ」という答えが大抵返ってくるでしょう。Allen ISD(Independent School District)のEagle Stadiumをひと目見るとその意味が分かると思います(アメリカ史上最高額6300万ドルで建設された高校生フットボールスタジアムです)。子どもにスポーツを行わせたいご家庭にオススメしたいところですが、レベルが高すぎて中学・高校生活ずっと補欠、もしくはチーム自体に入れないという悲しい結果にもなりかねないことを覚えておいてください。

●マッキニー
マッキニーはDFWエリアの最北端に位置し、トヨタ関係者が多く住む街です(北米トヨタオフィスからの距離は、16mile/25㎞程度)。実際ここから北にはほぼ何もなくテキサスの荒野が広がりますが、その分土地がプレイノやフリスコに比べて安いことも魅力のひとつです。学区の優秀さ、低い犯罪率、美しい街並みなどの理由で、2014年にはMoney誌の全米Best Place to live記事で、堂々第一位に輝きました。

●独身者向け
特に日本人コミュニティーには興味がない、もしくはダラスのダウンタウンにオフィスがある独身貴族の方は、ぜひダラスのアップタウンに住んでみてください。このダウンタウンの北側のエリアは、ナイトライフが充実したお洒落な街です。郊外がいいという方にはアディソンがおすすめです。レストランやショッピング関係が非常に充実しています。

物流・空港関係の日本人にオススメのエリア

A post shared by DFW International Airport (@dfwairport) on


物流となると、空港エリアですね。DFW空港はDFWエリアのど真ん中にあるので、この辺りに住むとダラス・フォートワースエリア全体への簡単なアクセスが可能になります。アメリカ国内から移動される方も、とにかくテキサスは広い!ということを念頭に家探しをしましょう。プレイノやアレン、マッキニーなど北の端に住んでしまうと、ダラス・フォートワースの他のエリアへのアクセスが大変になってしまいます(カジノが満喫できるオクラホマ州に近いという利点はありますが)。仕事やプライベートで色んな場所に移動する人、フォートワースやアーリントンなどを含めDFWを全体的にカバーしたい人にとっては、この空港エリアが便利です。

しかし、空港周辺は治安や学校の甲乙の差がどちらかと言えば激しいので、よりしっかりとしたリサーチが必要になるかと思います。探せばお得な物件がゴロゴロ出てくるエリアであり、よりエリートな学区もこちらにあります。基本、空港の北側の方が家賃が高い=綺麗なエリアということで、今回はアメリカ初心者の日本人が住んでも無難な北側のエリアをご紹介します。

アービング(ラス・コリナスとバレー・ランチ)

アービングも非常に大きな面積を誇る市ですが、どのエリアに住むかによって生活の質がガラッと変わってきます。今回日本人の方々にオススメしたいのが、ラス・コリナスと、バレー・ランチ地区です。これらエリアに住んでいる方々は大抵「アービングに住んでいます」という言い方をせず、「ラス・コリナス(あるいはバレー・ランチ)に住んでいます」という言い方をします。

●ラス・コリナス


ラス・コリナスはビジネス街として栄えるエリアで、オフィスビルや高層ホテルが軒を連ねているイメージです。物流関係も含め、すべての職種の日本人相手にビジネスを行う日系サービス業などは、このエリアにオフィスを構えることが多いです。周辺にはプロフェッショナル向けのお洒落なアパートなどが多く、レストランなどへのアクセスも良好です。ただ、どちらかというと独身者向けというイメージです。学区はIrving ISDとCarrollton Farmers Branch ISDに分かれます。

●バレー・ランチ

バレー・ランチは、アービングの北の端にある非常に美しい地域です。「バレー・ランチに住んでいる」と言えるのは、ちょっとしたステータスのような気もします。将来弁護士や医者になるエリート家庭のインド人の子どもたちが多く学ぶエリアですが、このエリアだと、空港と日本人コミュニティー、どちらのエリアへのアクセスもかなり良くなるお得感があります。確実にファミリー向けの地域なのですが、「インド人多すぎ!」感があるからなのか、まだあまり日本人の姿はあまりみかけないエリアかもしれません。Coppell ISDとCarrollton Farmers Branch ISDのどちらかの学区になるようです。

コッペル


バレー・ランチの北東隣にあるコッペルですが、現在はまだ「特に何もない」エリアです。しかし、空港へのアクセスがより良い、観光都市であるグレープバインのすぐ近く、そして学区が非常に優秀だということで、最近人気急上昇となっている市です。バレー・ランチから人があぶれ出てきているイメージもあり、635号線上のちょうどバレー・ランチとコペルの間、Belt Line Rd周辺の開発が現在急ピッチで進んでいます(Cypress Waters開発)。お隣のグレープバインも魅力的なのですが、そちらから東へ行くと白人人口がグッと増えるイメージがあります。

学区で引っ越し先を選ぶ場合は、niche.comU.S.Newsのベストハイスクール記事を参考にしてみてください。ダラス・フォートワースエリアは教育面で優れた場所として知られているので、ファミリーで引っ越してくるにはもってこいの場所です。mAmericaでは現在、無料でテキサス州ダラス、プレイノ、フリスコ地域の学区情報を配布しております。情報をお求めの方は、mAmerica相談ページより、お気軽にご連絡ください。もちろん今回ご紹介したエリア以外にも魅力的な場所はたくさんありますので、ご自身や家族のニーズが何かを考えながら住居探しを楽しんでくださいね。