アメリカ留学の住宅事情(ボストン編)【アメスマ交換留学】

ノースイースタン大学(Northeastern University)に留学する高柳さん

海外に留学する、と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?楽しそう?大変なことも多そう?実際に行ってきたことのある方のお話を聞いてみないとなかなかイメージしずらいところもあるかもしれません。そこでmAmericaでは、日本人留学生グループ、現役の交換留学生の皆さん、アメリカでSIM・スマホサービスを提供するアメスマさんにご協力いただき、各地から現地事情をお伝えしてもらう企画「アメスマ交換留学」をお届けしております。

今回は現在、アメリカのマサチューセッツ州ボストンにあるノースイースタン大学(Northeastern University)へ交換留学をしている高柳さんに、留学中の住居に関して、色々とお話してもらいました。今後、アメリカ留学を目指す皆さんにとって、必見の内容です!

高柳さんの留学体験記、第一回目の記事をご覧になっていない方は、「高柳さんのノースイースタン大学留学体験記①【アメスマ交換留学】」を先にお読みいただくことをオススメ致します。

(本記事は、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、の提供でお届けしています。)

 

アメスマ広告

留学中の住居、どうやって決めましたか?

ノースイースタン大学の様子

住むところは学期の始まる10日前に留学先のボストンに行き、現地の不動産会社と相談して決めました。僕の場合には住むところの決め方は三通りあったのですが、色々悩んでこの選択肢にしました。三通りの方法となぜこの選択肢にしたのかを話していきたいと思います。

日本にいる時にボストンでも営業している日本法人(例えばエイブル)に頼み、先に宿を確保してもらう方法

このやり方の長所は単純に日本にいる段階から留学先の宿を確保できるところと、日本法人で安心することもできるというところです。ただ、現地の不動産と比べるとやはり自分の大学に近いところがなかったり、料金が割高になってしまったりだとかの不自由があったので、自分はこの選択肢は取りませんでした。

現地の信頼できる友人や親族に頼み、現地の不動産を学期の始まる4ヶ月や3ヶ月前に見てもらい、契約の手助けをしてもらう、もしくはFacebookで大学の人を見つけて、個人的にやりとりする方法

個人的にはこの方法が理想なんじゃないかと思います。結局、不動産は写真だけでは本当に良いかどうかわからないで、実際に目で確認しないと不安だと個人的に思うのですが、もし信頼できる人が現地の留学先にいる場合は、ウェブサイトで宿を調べてここで良いかなとなんとなく目星をつけて、その物件を現地の知り合いに見てもらい事前に契約するというのもありだなあと思います。また、現地の大学からも僕らのように留学する人はいるので、もしその人とFacebookなどで連絡を取ることができたら、宿を貸してもらうのも良いと思います。僕の友達がドイツに留学している時に、日本に留学する予定の現地大学生を見つけ、1年すませてもらっているのを見て(さらに格安で)とてもいいなあと思いました。

学期の始まる前に現地に行き、不動産屋で物件を見つける方法

これが僕のとったやり方です。まず日本の業者では大学に近いところがあまりなく、現地に知り合いもいなく、Facebookで宿を貸してもらうなどということも知らなかったため、このやり方を取りました。このやり方だと、学期の始まる直前に物件を決めることになるので、ほとんど選択肢がなくなってしまうという短所があります。僕の時も最初は二つ選択肢があったのですが、躊躇していたら一つになり、そこに決めました。

今はどのようなところに住んでますか?

ノースイースタン大学の様子

現在は大学から徒歩で五分ほどの非常にアクセスの良い物件に住んでいます。値段は非常に高く毎月1,850ドルかかります。最初は高すぎでおかしいんじゃないかと思ったのですが、大学の寮も月1,600ドルかかるらしいので相場が高いんだなあと驚かされます。

気に入っている点はアクセスの良さです。日本の大学でも同じですが、あまり遅刻をしたくないので8:00から始まるモーニングクラスの時は、家が近いということが非常に助かりました。また、アメリカの大学生は週末にパーティーを開くことが多いのですが、みんな大学の近くに住んでいて、パーティーも大学の近くで開かれることが多いので近くて便利だと思います。それに一人暮らしなので、ルームメイトとの争いなどもなしですみ非常に良いです。寮に住んでいる友人などを見ると、ルームメイトとうまくいけてなくて辛いという話をよく聞くのでそういうのはなくてラッキーだと思っています。

気に入らない点は建物全体が曲がっていることです。床の角度が6度ほど曲がっているので、朝起きてベッドから出る時など転びそうになります。最初はおかしいと思い不動産に連絡しようとしたのですが、よくよく色々なビルディングを見たところボストンの建物はほとんど曲がっているということに気づき、まあこれも文化の一部として楽しもうと今は思っています。

留学前の自分にアドバイスをどうぞ!

ノースイースタン大学の様子

宿は早めにリサーチしましょう。今回の僕みたいに留学の十日くらい前から宿を探したらほとんど残っていなくて、もしかしたら泊まるところがないんじゃないかと不安になってしまうので、とにかく早めにリサーチしましょう.。宿をリサーチする時はFacebookも使うようにしましょう。おそらくFacebookで良い宿を探すのが一番楽で安く済むと思うので、活用しましょう。 友達は寮の方が作りやすいですが、一人の時間が欲しいタイプなので、週末寮のパーティーなどに行き友達を作るようにしましょう。

まとめ

アメリカの交換留学を考える時間

いかがでしたでしょうか?マサチューセッツ州ボストンで留学生活を過ごす高柳さんですが、具体的な住宅を見つける方法をご提案いただきました。Facebookなどで知り合って現地の人に直接相談できるようになっていたり、昔と比べて選択肢が増えていると言えるでしょう!ノースイースタン大学(Northeastern University)へ交換留学をしている高柳さんですが、その様子は引き続き、このmAmerica(まめりか)で共有していただきます。次回の投稿もお楽しみに!

 

アメスマ広告