私のアメリカ留学における冬休みの過ごし方をご紹介します!10【アメスマ交換留学】

サンディエゴ州立大学に留学する山崎さん

海外に留学する、と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?楽しそう?大変なことも多そう?実際に行ってきたことのある方のお話を聞いてみないとなかなかイメージしずらいところもあるかもしれません。そこでmAmericaでは、日本人留学生グループ、現役の交換留学生の皆さん、アメリカでSIM・スマホサービスを提供するアメスマさんにご協力いただき、各地から現地事情をお伝えしてもらう企画「アメスマ交換留学」をスタート致しました!

今回は現在、アメリカのカリフォルニア州のサンディエゴ州立大学(San Diego State University)へ交換留学をしている山崎さんに、年末の冬休みの過ごし方について、お話いただきました!アメリカの長期休みは現地学生は帰省などで閑散としますので、留学生である日本人は事前にプランしておきたいところですね!早速見ていきましょう!

(本記事は、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、の提供でお届けしています。)

 

アメスマ広告

冬休みの期間と計画決め

サンディエゴ州立大学に留学する山崎さん

冬休みは12月中旬から春学期が始まる前日の1月21日まで、約1か月ありました。冬休みは私がサンディエゴ州立大学に留学している期間の中で一番長い休みであることから、サンディエゴ周辺で時間を持て余すよりは、できるだけ多く旅行に行こうと考えていました。英語の勉強や就活の準備、何かやりたいことに没頭するなど、冬休みを使ってできることは他にもたくさんありましたが、私は旅行に行くことを最優先にしていました。

具体的に旅行の計画を立て始めたのは11月末あたりからですが、年末年始はアメリカ人家族とスキー旅行に行くことがすでに決まっていたため、その前後のプランをどう立てたのか説明します。まずクリスマスの期間ですが、ちょうどロサンゼルスでNBAの試合があり、バスケ好きの友達を誘ってみたら快く承諾してくれたので、クリスマスはロスでバスケの試合を観に行き、次の日はハリウッドのユニバーサルスタジオに行くことにしました。

NBAの試合は12月25日のクリスマス当日で、なおかつロサンゼルスに本拠地を置くレイカーズとクリッパーズの人気なチーム同士の組み合わせであったことから、チケットは最上階の席で$350くらいしました。ですが、一生に一度の経験になることを考慮したらそれほど高くはないと思い込み、さほど躊躇せずにチケットを購入しました。

スキー旅行から帰ってきてからの過ごし方については、まだ2週間ほど休みがあったので、中南米に旅行に行ってみたいと思っていたところ、グアテマラで大学の友人が留学していることを知り、グアテマラに行くことにしました。グアテマラだけで2週間は十分すぎると思ったので、コスタリカにも行くことにしました。どうしてコスタリカにしたかというと、ちょうどその時期にアメスマさんの記事でコスタリカ旅行に関する記事が掲載されており、それを読んでコスタリカに行きたくなったからです!(笑)

まずは飛行機のチケットを早めに取ろうと思い、12月上旬にチケットが少し安くなった段階で抑えました。(飛行機の値段は常に変動しており、値段が変わったら自動的にメールで教えてくれるグーグルのサービスを使いました。)具体的な旅行先や宿泊先は一緒に旅行にいった友人がすべて決めてくれたので、割愛します。

私はこの他にも、クリスマス前にアリゾナ州のフェニックスに弾丸1人旅に行ってきました。この旅は出発前日に急遽行くことを決意したわけですが、なぜアリゾナに行ったかというと、カリフォルニア州のすぐ隣にありバスでも飛行機でも簡単に行けること、そして運よくNBAの試合が行われることが分かっていて、観戦チケットも安かったからです。

実際の冬休みをどう過ごしたか教えてください!

サンディエゴ州立大学に留学する山崎さん

前述のように、私は冬休みの間ほとんどサンディエゴにおらず、旅行に行っていたので、ここでは私が行った4つの旅について大まかに説明したいと思います。4回の旅行を時系列順にすると、アリゾナへの1人旅、クリスマス期間のロサンゼルス旅行、年末年始のスキー旅行、グアテマラとコスタリカへの旅行、という感じになっています。

まずアリゾナへの旅行に関してですが、2泊3日の予定で1人で行ってきました。とはいいつつも、1日目はサンディエゴからフェニックスへのバス移動でほとんど終わり、3日目は朝早くにフェニックスの空港を出て午前中にはサンディエゴに帰ってきたので、実質市内を観光したのは1日だけでした。その中で、ナショナルパーク内での乗馬トレッキングとNBAの試合観戦を楽しみました。人生初の一人旅だったのですが、ウーバーの運転手やスタジアムのスタッフなど優しい人が多く、とても楽しく充実した旅でした。

次に、クリスマスのロサンゼルス旅行ですが、これは台湾・香港出身の留学生の友達と一緒に1泊2日で行ってきました。メインはNBAのクリスマスゲームを観ることで、次の日にはユニバーサルスタジオにも行ってきました。ユニバーサルスタジオは日本のユニバーサルスタジオジャパンとは違い絶叫系のアトラクションが少なく、絶叫系が好きな私にとっては少し物足りなさがありましたが、映画の撮影現場をめぐるツアーなどがあり、映画好きにはかなり楽しめる場所だと思います。

年末年始のスキー旅行は、5泊6日で大学で知り合った日系アメリカ人家族と一緒にカリフォルニア州の北部にあるマンモスマウンテンに行ってきました。大晦日の朝にサンディエゴを出発し、その日の夜にはすき焼きを食べて年越しをお祝いしました。スキーをしたのは高校生の時以来でしたが、ブランクを感じずにとても楽しめました。標高3,000mを超える山からの景色はまさに絶景で、カリフォルニアに留学されている方にはマンモスマウンテン、おすすめです!

最後に、スキー旅行から帰ってきた2日後に、私は中米のグアテマラとコスタリカに約2週間行ってきました。グアテマラまでは1人で行き、現地で留学中の友人と合流し、主な観光地を巡ってきました。この旅はいろいろな人との出会いがあり、私が今まで行った旅行の中で最も刺激的な旅行となりました。グアテマラもコスタリカもスペイン語圏の国なので基本的にスペイン語が話せないと現地の人との意思疎通は難しく、スペイン語がまったく話せない私は非常に苦労しました。

時にはスマートフォンの翻訳アプリを使いながら伝えたいことを伝えようとしてもうまく伝わらず、単語とジェスチャーでなんとか伝わった時はうれしさがこみ上げました。また、どちらの国もヨーロッパや北米の観光客が多く、宿やツアーで世界中の人たちと友達になることができました。これは今までの留学期間で英語が上達した賜物であり、自分の成長や変化を実感することができました。

以上のように、私は冬休みのほとんどを旅行に費やし、サンディエゴにいたのは合計で1週間ほどでした。サンディエゴにいる間は、1学期の留学を終えて日本に帰ってしまう友達の見送りをしたり、家でダラダラしながらNetflixのドラマを見たり、友達と映画を見に行ったりして過ごしていました。

こうしておけば良かった!などこれからアメリカで長期休みを迎える方にアドバイスをお願いします!

サンディエゴ州立大学に留学する山崎さん

私が今回冬休みを終えて全体的に感じたのは、ちょっと旅行に行き過ぎたのかもしれないということです。もちろん自分の冬休みの過ごし方に後悔をしているわけではありませんが、冬休みという時間に余裕があるときだからこそできる英語の勉強や就活の準備など、もう少し他のことにもチャレンジしてもよかったかなとは思っています。

また、趣味のトレーニングも冬休み期間は1回しかできなかったので、体力が低下してしまいました。(笑)ですが、今回の旅で世界中の人と知り合えたこと、そして今まで知らなかった世界の現状を確認することができ、得られたものはとても大きかったと思います。なので、今後留学に行かれる人には、冬休みなどの比較的長期間の休みの時は、家や大学で時間を過ごすのも大事なことではありますが、ぜひいろいろなところに行って見聞を広めることをおすすめします。

まとめ

サンディエゴ州立大学に留学する山崎さん

いかがでしたか?留学当初は大学の長期休みに何をするのか、あまり考えずにいる方が多いと思いますが、せっかくの長期休みなので時間を有効活用し、充実した時間を過ごしたいところですよね。皆さんも、事前に冬休みなどのまとまった休みにどうしたいかを事前に計画されることを強くお勧めします!

 

アメスマ広告