アメリカ留学、気になる費用はどれくらい?(オハイオ編)【アメスマ交換留学】

オハイオ州立大学周辺の様子

海外に留学する、と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?楽しそう?大変なことも多そう?実際に行ってきたことのある方のお話を聞いてみないとなかなかイメージしずらいところもあるかもしれません。そこでmAmericaでは、日本人留学生グループ、現役の交換留学生の皆さん、アメリカでSIM・スマホサービスを提供するアメスマさんにご協力いただき、各地から現地事情をお伝えしてもらう企画「アメスマ交換留学」をスタート致しました!

今回は現在、アメリカのオハイオ州コロンバスにあるオハイオ州立大学(Ohio State University)へ交換留学をしている河田さんに、留学の費用、実際どれくらいかかるかについて、包み隠さずお話いただきました!今後、アメリカ留学を目指す皆さん、必見の内容です!

(本記事は、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、の提供でお届けしています。)

 

アメスマ広告

留学先大学の授業料

アメリカドルと豚の貯金箱

交換留学なのでアメリカの大学には授業料は払っていません。教科書代は履修している授業に よるので人それぞれです。最近は紙媒体だけでなくタブレットにダウンロードすることも可能であり、後者のほうが安く入手できます。また法的に大丈夫かどうかはわかりませんが、生徒内で無料で教材のファイルを回してくれる場合もあります。もし紙媒体で普通に教科書を買った場合、価格は日本で扱う教科書よりも高いと感じました。

ものによりますが、一冊5,000円以上するものが多く、一つの授業で2,3冊買う必要があるときもあります。紙媒体を安く入手する方法としては、毎年新しくできる生徒によるFacebookのグループを通してのやり取りや、本屋さんでUsedバージョンのものやレンタルで手に入れることもできます。

しかし私の場合は、帰国後の単位変換の ために教科書を持ち帰る必要があったのでレンタルという手段は使えませんでした。教科書を買うことが強制かどうかはシラバスに書かれてはいますが、初回授業でシラバスに強制と書かれていても実際は任意だったということもあるので、購入するタイミングは初回授業後が良いです。

留学中の家賃

オハイオ州立大学周辺の様子

家賃は1セメスターで約USドル$4,500です。私は11階建ての寮の9階に住んでいます。 部屋は1人のルームメイトと共有しており、一部屋のなかにベットと勉強机がそれぞれ2台と冷蔵庫、電子レンジ、 スタンドライト、バスタブ付きお風呂、トイレ、洗面台が備え付けられています。洗濯機や乾燥機、キッチンは一階のフロアに設置されており、いつでも無料で使えます。

寮によって家賃も部屋に備え付けらているものも様々です。同じ価格帯で別の寮の友達は、キッチンとお風呂、洗面所を4人、寝室を2人で共有しています。少し安い寮になると、オハイオの夜は夏でも比較的乾燥していて涼しいので部屋に冷房設備がないというところや、2段ベッドが一部屋に2台置かれているところ、お風呂がフロアで共有するところ、などたくさんの種類の寮があるそうです。大学寮と大学外の個々で借りるアパートと比べると、後者のほうが安くなるそうです。

しかし完全に一人で一部屋を借りると高いため、寝室だけ個々のプライベート空間があり、後のキッチンやくつろぎスペースは共有というところに住んでいたりします。2年生以上になると友達とシェアしてアパートに住んでいる子も多くいました。

留学中の食費

オハイオ州立大学周辺の様子

オハイオ州立大学は寮住みの生徒はミールプランに入ることが強制です。いくつかミールプランにも種類があり自分で選ぶことができます。私は1セメスターUS$2,025のプラン に入っています。週に10回大学内のビュッフェ式のダイニングホールを使うことができ、そ れプラスUS$350がチャージされており、US$150は大学近辺のスーパーやレスト ランで使用でき、US$200は大学内のカフェなどで使うことができます。一番安いミールプランの場合は、ダイニングホールが20分の間隔をあけれは無制限に使用できる代わりに、追加のチャージは含まれていないそうです。

 

アメスマ広告

留学中の通信費

スマホとSIMカード

携帯電話

大学校内や寮の中ではWi-Fiを使うことができるので、スマートフォンもタブレットもパソコンもどこでも使えます。Wi-Fiの質も良いです。スマートフォンに関してはアメスマの交換留学生のサービスを使っているため、無料で使えている状況です。もし日本で在籍している大学と留学先の大学がeduroamというものに入っていればeduroamのWi-Fiを使うことができます。旅行先で遊びに行った友達の留学先もeduroamにはいっていたのでそこでも使うことができました。

留学中の交際費・移動費

オハイオ州立大学周辺の様子

Cotaというコロンバスの市バスにオハイオ州立大学の生徒は学生証の提示で乗り放題なので 基本的に移動はそのバスを使用しています。このサービスに1セメスターUS$14かかっ ているそうです。荷物が多かったり、少し遠いところへ行く場合はUberを使います。Uberの配車や支払いにはスマートフォンのアプリを使います。毎回大体$20~$30を人数で割ります。アメリカ国内の他大学に留学している友達と会話で、よく寮から最寄りの空港までの距離についての話題がでます。

オハイオ州立大学は車で15分の距離に国際空港があるため比較的便利です。しかし、他大の友達の中には寮から空港まで車で1時間半から2時間かかるという子もいました。そういう場合は一人でUberを使うと高額になってしまうためシェアする子を見つけるか、もしくは車持ちの友達にお願いするそうです。オハイオ州立大学周辺からであれば、時間がある時は空港までCotaで無料で行くこともできます。朝早くや夜遅くに出る場合は安全面のためUberを使います。費用は時間 帯や日にちにもよりますが$25~$30ほどかかります。時間に関しては、オハイオ州 立大学から空港までバスで40分、Uberで15分かかります。

雑費

オハイオ州立大学周辺の様子

授業に慣れてきて自分の自由な時間が持てるようになってきたり、長期休暇に入るとNetflixに入る日本人の友達を多くみかけました。一人が加入すれば数台で共有できるので入りたい子を募って安くできるそうです。

まとめ

オハイオ州立大学の様子

いかがでしたか?交換留学の場合は授業料がかからないため、かなりの節約にはなっていますが、それでも物価が高いアメリカで家賃や食費が結構かかってくるのが分かりますね。予算も踏まえた上で、留学という夢を叶えられることを願っております!

 

アメスマ広告