アメリカ留学、気になる費用はどれくらい?(アイオワ編)【アメスマ交換留学】

アイオワ大学周辺の様子

海外に留学する、と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?楽しそう?大変なことも多そう?実際に行ってきたことのある方のお話を聞いてみないとなかなかイメージしずらいところもあるかもしれません。そこでmAmericaでは、日本人留学生グループ、現役の交換留学生の皆さん、アメリカでSIM・スマホサービスを提供するアメスマさんにご協力いただき、各地から現地事情をお伝えしてもらう企画「アメスマ交換留学」をスタート致しました!

今回は現在、アメリカのアイオワ州のアイオワシティにあるアイオワ大学(the University of Iowa)へ交換留学をしている久野さんに、留学の費用、実際どれくらいかかるかについて、包み隠さずお話いただきました!今後、アメリカ留学を目指す皆さん、必見の内容です!

(本記事は、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、の提供でお届けしています。)

 

アメスマ広告

留学先大学の授業料

アメリカドルと豚の貯金箱

僕の場合は自分の日本の大学と今留学しているアメリカの大学間の交換留学なので、授業料自体はアメリカの大学に払っていません。実際には日本の大学の方の授業料は通常通り払っているので、結局タダで留学しているわけではありません。

しかしながら、アメリカの大学の普通に留学しようとした場合、授業料だけでも200万円、300万円行くことは一般的にあります。そう考えると交換留学というのは金銭的にはものすごく学生に優しい制度であると言えます。そのため、自分の場合、授業に対して払っているお金と言ったら、教科書代だけと言えます。

僕が今アメリカの大学で受けている授業は、語学なので比較的教科書代も安い方です。それでも、一冊6,000円したりして日本の大学で使われている教科書に比べて、値段は高いように感じます。理系の学科やより専門的でアカデミックな教科書を使用するばあいには、より高価になります。

留学中の家賃

アイオワ大学周辺の様子

今自分は大学のキャンパス内にある学生寮に住んでいます。僕の留学している大学はキャンパスに多くの学生寮が点在していて、留学生や遠くの街から、きている学生、そして大学生における寮生活を体験するために、多くの学生が住んでいます。部屋には様々なタイプがあり、シングルルーム、ダブルルーム、そして4、5人で部屋をシェアするようなタイプもあります。また、それぞれの学生寮によって住んでいる学生の特色が様々です。

例えば、留学生がたくさん住んでいて、国際色豊かな学生寮、音楽が大好きな学生が多く住んでいてガキの演奏会が定期的に行われ、部屋に防音設備が完備してある学生寮、そしてスポーツをするために大学入学した生徒のための学生寮など、自分の好みに合わせて自分の住みたい学生寮を選ぶことができます。値段に関して言うと、部屋に備わっている設備や建物の古さ、何人かで住むかによって値段は前後します。僕はシングルルームで建物はそれほど新しくないのでそこまで高いわけではありませんが、だいたい、半期で40万円ほどです。ちなみに、この寮費も交換留学なので大学からの補助金で賄われています。

留学中の食費

アイオワ大学周辺の様子

正直に言います。アメリカのご飯は美味しくないです。これは言い切れます。もちろんおいしいものもあります。しかし美味しいものを食べようと思うと、どうしても値段がかさばります。自分はいつも大学の学食のようなところで食べています。

自分の場合はミールプランというものにお金を払って、学食が空いている時であれば無制限に食べられるというものです。アメリカの学食の多くはバイキング形式で、なんでもあると言われればあるのですが、どれも味のクオリティが決して高いわけではありません。贅沢なことを言うわけではないのですが、野菜や果物の素材の味が日本ほど高いわけではありません。アメリカにきて、日本食というのがどれほど素晴らしいものかひしひしと感じます。

自分が利用しているミールプランは一年で20万円程なので、安くもなく高くもなくと言うような感じです。多くの部屋にはキッチンも併設されているので、自炊は可能ですが、自分で作るより楽だし、自炊するよりは、学食を利用した方が栄養バランスは保たれると思います。

 

アメスマ広告

留学中の通信費

スマホとSIMカード

携帯電話

僕はアメスマの交換留学をしている学生を支援するプランに加入しています。毎月2GBが無料のSIMカードを利用しています。これすごく便利です。アメリカの携帯料金や通信にかかる料金というのは日本に比べてすごく高いので無料で使えるのはすごく学生に優しいです。2GBでは少ないかなと思う方もいるかもしれませんが、アメリカは日本に比べてWi-Fiが発展している国です。そのため、町中にWi-Fiがつながっているので通信について心配する必要は無用です。大学のキャンパス内ともなるとほぼどこでもWi-Fiを利用することができます。

もし通信制限が心配なら、毎月さらに$10払うことで通信制限なしの使い放題のプランにアップグレードできます。そちらも検討してみてはと思います。アメリカにはたくさんの通信会社があるのでどの会社のどのプランのSIMカードを選べばいいか、まず不安になりますが、アメスマならその悩みを解決してくれます。

ちなみにアメスマと契約するとアメリカの大手のT-MobileのSIMカードを使いますが、このSIMカードならカナダ、メキシコでも使えますので、そこもおすすめポイントです。

留学中の交際費・移動費

アイオワ大学周辺の様子

僕の留学している大学はキャンパスがとても広いので、徒歩での移動がとても大変です。多くの学生はCAMBUSというキャンパス内を走る無料バスを使って、自分の学生寮から授業を受けている建物へと移動します。5、6分に1本くらいのペースで様々なルートでバスが走っているのでとても便利です。土曜日曜の週末、祝日も本数は減りますが、運行していて、車を持っていない僕たちのような留学生にはとても助かっています。

キャンパス外のスーパーマーケットなどの施設に行く場合は市バスなどを利用するのが便利です。片道は$1でどこまでも行けてこれも便利です。バスの停留所は住宅街や商業施設などの近くに設けられているのでどこに行くのも便利です。他にも、Uberというタクシーのサービスがアメリカでは有名ですが、これは少し高いので、あまりお勧めしません。一番楽なのは車を持っている友達を作り、その友達にいろんなところに連れて行ってもらうことです。

雑費

アイオワ大学周辺の様子

アメリカの物価は日本より比較的高いと思います。西ヨーロッパ諸国のように格段高くて、ひもじい生活しか出来ないほどではありませんが、所々に高いと実感させられることがあります。例えば、水やジュースなどです。水1Lでも220円以上しますし、ジュースになると、300円近くします。アメリカの水道水を飲むことはあまりお勧めできないので水による出費は痛いです。

他には日本食を食べようと思うと他の料理よりは1.5倍すると思います。例えばあまり美味しくないマグロの刺身5切れが$10とかです。よっぽど日本の回転寿司で食べた方がいいです。逆に安いものといえば、服、化粧品などが日本に比べたら安いです。特にアメリカのブランドだったりすると日本で買うよりだいぶ安いので買い過ぎには注意です。またアメリカの何%OFFやタイムセールはとんでもなく安くなります。買い物していてとても楽しくなると思います。僕の女の子の友達はアメリカで化粧品を大量買いしていました。

まとめ

アメリカの交換留学を考える時間

いかがでしたか?交換留学の場合は授業料がかからないため、かなりの節約にはなっていますが、それでも物価が高いアメリカで家賃や食費が結構かかってくるのが分かりますね。予算も踏まえた上で、留学という夢を叶えられることを願っております!

 

アメスマ広告