アメリカ留学、気になる費用はどれくらい?(サンディエゴ編)【アメスマ交換留学】

サンディエゴ州立大学(San Diego State University)に留学する山崎さん

海外に留学する、と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?楽しそう?大変なことも多そう?実際に行ってきたことのある方のお話を聞いてみないとなかなかイメージしずらいところもあるかもしれません。そこでmAmericaでは、日本人留学生グループ、現役の交換留学生の皆さん、アメリカでSIM・スマホサービスを提供するアメスマさんにご協力いただき、各地から現地事情をお伝えしてもらう企画「アメスマ交換留学」をスタート致しました!

今回は現在、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴにあるサンディエゴ州立大学(San Diego State University)へ交換留学をしている山崎さんに、留学の費用、実際どれくらいかかるかについて、包み隠さずお話いただきました!今後、アメリカ留学を目指す皆さん、必見の内容です!

(本記事は、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、の提供でお届けしています。)

 

アメスマ広告

留学先大学の授業料

アメリカドルと豚の貯金箱

私は交換留学でサンディエゴ州立大学に来ているので、基本的に授業料は日本の大学に払っています。私費留学で来ている人の場合、授業料として1学期6,880ドル払っているそうです。これに加え、12単位を超えて履修する場合には、13単位以降1単位につき別途283ドルかかるそうです。

教科書代に関しては、多くの人がすでにご存知だと思いますが、アメリカの大学で使われる教科書は日本と違いかなり高価です。しかし、最近では電子版や中古、中古のレンタル版もあり、新品の紙の教科書と比べるとかなり費用を抑えられます。私は昨学期に4つの授業を取っており、その中で教科書が必要な授業は2つありました。合計で3冊のテキストを買ったのですが、そのうちの2つは中古レンタルなので、新品で購入する場合の4分の1くらいだったと思います。新品で購入するとテキスト1冊で約$80ほどでしたが、どちらも$20以下でレンタルすることができました。

さらに、レンタルの良いところは、レンタル品なのに自由に書き込みをしてもよく、返却する際にもその書き込みを消す必要がない点です。(よっぽど汚なかったり破れてたりした場合は違うと思いますが…)

その他に授業でかかる費用については、私が知ってる中では、スポーツ系の授業では保険に加入する必要があり、1学期で$90かかるそうです。

留学中の家賃

サンディエゴ州立大学に留学する山崎さん

家賃に関しては、私は毎月$1,100ほどかかっています。私はキャンパスから2キロほど離れたところにある大規模アパートで5人の学生と共同生活をしています。6人で1つのユニットをシェアしており、リビングやキッチンは共用ですが、私はバストイレ付きの1人部屋に住んでいるため、2人部屋に住んでいる人よりも家賃が高くなっています。家賃の内訳としては、$1,036が水道代やインターネット代を含めた基本的な家賃で、そこにプラスで毎月$11の住宅保険代と$40〜60の電気代がかかっています。

オンキャンパスの寮に住んでいる学生も毎月家賃で$1,000ドル近くはかかっているようなので、大学周辺のアパートはどこもさほど変わらないと思われます。逆に、ホームステイをしている友達の家賃は少し安く、毎月900ドルほどだそうです。通学に時間とお金がかかりますが、朝ごはんと夜ごはんが付いてこの値段なのでかなり安いと思われます。

留学中の食費

サンディエゴ州立大学の様子

私は自炊をしておらず、基本的に昼ごはんと夜ごはんは毎日大学か家の近くのレストランで食べているため、毎食平均$10、月換算では$600はかかっていると思います。朝ごはんは安く抑えたいので家でシリアルを食べています。当初は食費を1日$15以内に収めようとしていましたが、毎回自炊をしたり、昼ごはんを抜いたりしない限りなかなか$15に収めるのは厳しく、1日$20近くかかってしまいます。

留学生はプリペイド式のミールプランに加入することもできますが、サンディエゴ州立大学に来ている留学生でミールプランに入っている人にはまだ会ったことがありません。ミールプランには2種類あり、1学期で$880使えるプランと$1,125使えるプランがあります。前者は$800払えば$80がプラスでもらえ、後者は$1000払えば$125がプラスでもらえるので、主に学内のレストランで食事をする人にとってはミールプランに入った方が確実にお得なので、自分は来学期はミールプランに加入する予定です。

 

アメスマ広告

留学中の通信費

スマホとSIMカード

携帯電話

携帯の通信費はありがたいことに、毎月わずか$10で使いたいだけ使わせていただいてます!アメリカに来てから1、2ヶ月はアメスマさんの月2GBのプランに加入していましたが、月2GBでは位置情報の確認や動画閲覧などですぐに上限に達してしまったことから、途中から使い放題のプランに変更しました。とはいえ、毎月たったの10ドルでインターネットが自由に使えているのはかなりお得です!

家での通信費に関しては、前述のように家賃の中にインターネット利用料が含まれているので、費用はかかっていません。

留学中の交際費・移動費

サンディエゴ州立大学の様子

交際費に関しては、イベントや休暇のある月や試験や課題の有無によってばらつきがありますが、平均して毎月400〜500ドルはかかっています。私はこれまで毎月どこかに旅行に行っていたので、その度にかなりの出費をしています(笑)。ちなみに12月は冬休みに入ってから3回旅行に行ったので交際費だけで1,000ドル近く使ってしまいました…

移動費に関しては、平均すると毎月100ドルは使っていると思います。大まかな内訳は、バス$5、トロリー(路面電車)$10、Uber&Lyft$60、電動スクーター$30といった感じです。

例えば、友達とダウンタウンに遊びに行く時を考えると、私は大学からトロリーに乗ることが多いです。料金は片道2.5ドルで、向かう方向が同じなら、途中の駅で降りて、次に来た電車に乗車することもできます。例えば、サンディエゴ州立大学からダウンタウンに行く道中には大きなショッピングモールがあるので、そこで一旦降りてからダウンタウンに向かうことができます。バスも片道2.5ドルですが、途中下車はできません。

バスや路面電車は移動に時間がかかるうえに運行間隔も長いため、UberやLyftを利用することが多いです。大学周辺からダウンタウンまではシェアライドを使えば$10ほどで行くことができます。この間日本人の美容師がいる美容院まで髪を切りに行った時は、Uberで往復40ドルもかかってしまいました(泣)。

また、私はよく電動スクーター(日本では見たことないですがアメリカではたくさんあります)を使うのですが、平均して毎月10回ほどの乗車で$25〜30かかっています。(家から大学までの利用で約$2.5かかります。)

雑費

サンディエゴ州立大学(San Diego State University)に留学する山崎さん

上記以外に発生している費用としては、大学の運動施設の利用料や日用品の購入費などがあります。私は大学内のジムに通っているのですが、その利用料として毎月19ドル支払っています。一見高いように見えるかもしれませんが、ジムはかなり設備が充実しているうえに、プールに入ったりスポーツ系のイベントに参加したりもできるので割安です。日用品に関しては、洗剤などの購入で月におよそ$50かかっていると思います。

まとめ

サンディエゴ州立大学(San Diego State University)に留学する山崎さん

以上が私が毎月に払っている大まかな費用です。私はアメリカに来てからすべての出費をメモしてまとめており、それを合計すると月に30万円はかかっています。限りある留学生活を楽しもうと私は旅行をたくさんしたり外食をしたりしているため、このような費用になっていますが、もっと安く生活することは可能です。

 

アメスマ広告