アメリカ留学の住宅事情(アイオワ編)【アメスマ交換留学】

アイオワ大学の様子

海外に留学する、と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?楽しそう?大変なことも多そう?実際に行ってきたことのある方のお話を聞いてみないとなかなかイメージしずらいところもあるかもしれません。そこでmAmericaでは、日本人留学生グループ、現役の交換留学生の皆さん、アメリカでSIM・スマホサービスを提供するアメスマさんにご協力いただき、各地から現地事情をお伝えしてもらう企画「アメスマ交換留学」をお届けしております。

今回は現在、アメリカのアイオワ州のアイオワ大学(the University of Iowa)へ交換留学をしている田中さんに、留学中の住居に関して、色々とお話してもらいました。今後、アメリカ留学を目指す皆さんにとって、必見の内容です!

田中さんの留学体験記、第一回目の記事をご覧になっていない方は、「田中さんのアイオワ大学留学体験記①【アメスマ交換留学】」を先にお読みいただくことをオススメ致します。

(本記事は、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、の提供でお届けしています。)

 

アメスマ広告

留学中の住居、どうやって決めましたか?

アイオワ大学の様子

私は大学の制度を使ってアイオワ大学に留学しているので、制度で決められている範囲内で住むところを決めなくてはいけませんでした。なので特に、住む場所を探すことには苦労しませんでした。留学の制度上、私たちは大学の寮に住むか、ホームステイするかのどちらかなのですが、アイオワではホームステイできるところはほぼないので、寮に住むことになりました。アイオワ大学にはいくつか寮はあるのですが、大学からの奨学金支給の範囲内で選ばないと、超えた金額は自己負担となるので、超えないような寮を選ぶようにしました。実質、ほぼ選択肢はないようなものだったので、楽に住むところを決められました。

それでも唯一大変だったことは、寮の申請です。寮の申請のために、かなり多くの過程を踏まなければいけませんでした。自分の基本情報の登録、アイオワ大学への留学生としての登録など、部屋を選ぶ以前の作業も大変でした。もちろんすべて英語だったことや、お金、これから住むところに関わることなので、慎重に進めていかなければいけませんでした。

私は寮に住むこと自体が初めてだったので、日本で寮に住むときにもあるのかもしれませんが、ルームメイト、スイートメイトを決めるためのアンケートのようなものがありました。起きる時間、きれい好きか、暖房冷房はどの程度つかうかなどがありそれをもとに決められるようです。

今はどのようなところに住んでますか?

アイオワ大学の様子

現在私が住んでいるところは、アイオワ大学の寮である、Mayflower Hall という寮に住んでいます。アイオワ大学の学生のほとんどは寮で暮らしており、キャンパス内にはいくつもの寮があります。Mayflower Hallは大きな寮の一つでかなり多くの学生が暮らしています。

部屋は二種類あって1人部屋で、もう1つの部屋とバスルームとキッチンを共有するものと、2人部屋があります。自分の住んでいるのは1人部屋で、値段的には1セメスター約4,000ドルくらいです。必要最低限の机、いす、たんす、ベッドは元からあるのですが、あとは特に何もないので、少しさみしい感じの部屋ではありますが、みんなそれぞれの好みに合わせてカスタマイズしています。自分的には、何もなくても生活できればいい人間なので、特に何も買っていませんが、スイートメイトはソファーやテレビなど持ってきているので、より快適に生活しています。

1つだけ気に入らない点は、夜でも騒がしいことです。自分の部屋の前に住んでいる人が、パリピで夜中でも友達を呼んで音楽をかけて騒いだり、またほかの部屋では、歌を歌っていたり、ゲームをしながら叫んでいたりとやたらと騒がしいです。これも文化の違いというものなのかもしれませんが、少し気になりました。

住環境はどうですか?

アイオワ大学の様子

寮にはジムやコンビニ、自販機、コンピュータールーム、娯楽室、勉強スペース、フロアごとにランドリーがあるので、かなり快適に生活、勉強ができます。アイオワ大学にはミールプランという大学の食堂を使えるプランがあります。値段的には1セメスター1,800ドルくらいです。大学の食堂は3つあり、大きな寮のなかにあります。その3つは、キャンパスの中心ぐらいにあるので、授業の休みの間で簡単にいくことができます。残念ながら、自分の寮はキャンパスのはじっこにあるので食堂はありません。なので休日はバスで行くことになります。大学のバスは無料で乗れるので、キャンパス内の移動はだいたいバスに乗っていきます。キャンパス内の寮、大きな施設に止まるバスが何本もあるので、移動にはとても便利です。キャンパスでのイベントは、大小に関わらずほぼ毎日いろいろなところで開催されています。イベントのウェブページがあるので、そこで参加したいイベントをチェックできます。寮の中ではイベントが週末に開かれたりするので、寮のいろいろな人と関わることができます。特にルームメイト、スイートメイトとは関わることが多いので、寮に住めば最低でも1人とは知り合いになれます。自分のスイートメイトはとてもいい人で、いろいろなことを教えてくれたり、暇なときには一緒にゲームしたりととても仲良くさせてもらっています。

留学前の自分にアドバイスをどうぞ!

アイオワ大学の様子

とりあえず、なんとか暮らしていけるし、生活にもすぐ慣れるから特に心配することはないです。スイートメイトはとても良い人なので、メールアドレスが分かり次第、メールして仲良くしておいた方がいいです。デトロイト空港での乗り換えは、思っているより時間がなく、搭乗口がかなり遠いので、うろちょろせずすぐに搭乗口に行かないとやばいです。預け荷物の検査がもう1度あるので時間がかかります。

1番心配だった大学に払うお金のことは、日本から支払えるので、親に任せて自分は手続きだけできれば大丈夫です。でも、持っていく服はもう少し考えた方がいいです。想像している2倍は寒いので、あったかい服をできるだけ持っていくといいです。アメリカで買うと、やはりかなり高くなるので、できるだけ持っていった方がいいです。

そして、1番大切なのは、ビザ関係、奨学金関係の書類を全部持って、それがすぐ出せるようにカバンに入れておくことです。ビザ関係の書類が見つからず、空港のチェックインであたふたしてしまうので、必ずビザ関係の書類は手荷物に入れておくこと。奨学金の書類は忘れると、これもまた面倒なので、しっかりあることを確認してから出発するように。

まとめ

アメリカの交換留学を考える時間

いかがでしたでしょうか?アイオワ州で留学生活を過ごす田中さんですが、住居に関してはあまり選択肢が多くなかったようです。この辺りの事情は大学や参加するプログラムによっても変わってくると思いますので、いろいろな情報を集めながら自分が行きたい大学やプログラムではどうなのかを事前に確認しておきましょう!アイオワ州のアイオワ大学(the University of Iowa)に留学する田中さんですが、その様子は引き続き、このmAmerica(まめりか)で共有していただきます。次回の投稿もお楽しみに!

 

アメスマ広告