アメリカ留学の住宅事情(テキサス編)【アメスマ交換留学】

テキサスA&M大学のキャンパス

海外に留学する、と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?楽しそう?大変なことも多そう?実際に行ってきたことのある方のお話を聞いてみないとなかなかイメージしずらいところもあるかもしれません。そこでmAmericaでは、日本人留学生グループ、現役の交換留学生の皆さん、アメリカでSIM・スマホサービスを提供するアメスマさんにご協力いただき、各地から現地事情をお伝えしてもらう企画「アメスマ交換留学」をお届けしております。

今回は現在、アメリカのテキサス州のテキサスA&M大学(TEXAS A&M University)へ交換留学をしている池谷さんに、留学中の住居に関して、色々とお話してもらいました。今後、アメリカ留学を目指す皆さんにとって、必見の内容です!

池谷さんの留学体験記、第一回目の記事をご覧になっていない方は、「池谷さんのテキサスA&M大学留学体験記①【アメスマ交換留学】」を先にお読みいただくことをオススメ致します。

(本記事は、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、の提供でお届けしています。)

 

アメスマ広告

留学中の住居、どうやって決めましたか?

テキサスでの生活の様子

住むところは大学のサイトから見つけました。私がいた大学では留学生は基本的に大学寮に住むことが多い印象です。というよりも大学近辺の情報や雰囲気がサイトからだけではわかりにくく、オーナーさんと直接やり取りしなければならないため、慣れないうちは大学寮に住むのが無難であると思います。

まず、日本にいる際に派遣先大学から寮の案内が届くのでそれに従い、寮選びを始めていきました。寮の情報は大学のサイトに掲載されており、部屋の間取り(イメージ画像付き)やWi-Fiや家具などの有無、値段、ロケーションなど十分な情報があります。

また、私の大学では大半が二人部屋になるので、寮選びに合わせてルームメイト選びも同時に進めていくことになります。ルームメイト選びでは就寝時間や自分がどういう人物なのかということを記入するページがあり、そこに記入することでサイトがマッチング率の高い人を検索してくれます。そこで個人的に相手と連絡を取ることもできますし、私の場合は大学のレジデンススタッフがマッチング率の高い人を割り当ててくれました。

予算に関しては、比較的安いところから中間ぐらいの値段の寮を希望していました。相場は1セメスター2,000~4,000ドルで部屋の大きさやクオリティはやはり値段が高いほど大きく、良いという印象です。また二人部屋か一人部屋でも値段が変わり、一人部屋の方が値段が高く、人気があり取りにくいです。ズバリ寮選びのポイントは間取りでした。ある程度の広さがあり、勉強できる環境があるところを希望していました。

今はどのようなところに住んでますか?

テキサスでの生活の様子

住んでいたところは自分が希望していたところではありませんでした笑。サイトにある希望寮及び何人部屋かを選択する際に、確か10希望程選べたと思いますが、上位9候補は全て外れてしまいました。そして寮の中で一番安い寮で二人部屋のところに入寮しました。間取りは二段ベッドが二つあり、一段目は勉強机になっています。バスルームは隣の部屋の人と共有で3人で使用していました。その他には洗面所とルームメイトと共用のクローゼットがあり、部屋の間取りとしてはかなりシンプルでコンパクトなものでした。

しかし実際は予想していたよりも良く、今はその寮に住めたことに非常に満足しています。満足していた点は第一に値段です。1セメスター2,000ドルで月割りにすると約500ドルになります。寮選び当初はこれより+1,000ドルぐらいのところを希望していたのでこの分が浮いたことで経済的に非常に助かりました。

またロケーションも素晴らしく大学のほぼ真ん中の位置にあり、私の授業のある建物全てに徒歩5~7分で行くことができました。また、食堂にも近く徒歩3分ほどの場所にありました。PostOfficeやレクリエーションセンターのような施設にも近く、キャンパス外にあるバーなどの飲食街にも近かったです。

住環境はどうですか?

テキサスでの生活の様子

キャンパスが広く、自然等も非常に多いと思います。朝授業に行くときに寮の外に出ると朝日が差し込み非常に気持ちの良い一日の始まりを経験したことを思い出します。寮には新入生が多い印象でした。実際に私のルームメイトも新入生でしたし、学期開始直後は新入生に対しての寮での歓迎会が多かったです。

また、前述の通り留学生が大学寮に入ることが多いので共同キッチンや共同スペースに行くとアジア系(中国、韓国、インドなど)の留学生によく会いました。イベント等はSNSのグループや寮内の掲示板を通して随時アナウンスされており、寮生なら誰でも参加できます。また、共同スペースに行けば映画鑑賞やビデオゲーム、カード・ボードゲームなどをしていることが多いのでそこに混ぜてもらえればコミュニケーションの場として有効活用できると思います。ジムへの距離は徒歩10分ほどと少し遠いかなと印象です。私はほぼ毎日通っていたのでウォーミングアップの一環として考えていました。

また、レクリエーションセンターが徒歩3分と7分ほどの場所にあり、そこに行けば卓球やビリヤード、Nintendo Switchなどを貸し出しており、夜遅くまで遊ぶことができます。コンビニなどもあり、深夜2時まで利用できます。また、レジデンススタッフの方が24時間対応してくれるので夜間などの緊急時も安心です。

留学前の自分にアドバイスをどうぞ!

テキサスでの生活の様子

契約書をきっちり読んでおくようにと伝えたいです。私の場合は例外の1セメスターだけの契約であり、本来ならば入寮すると私の場合のような事例を除き、一年間は寮に在籍しておかなければなりません。支払いは1セメスター毎になるのですが、大学の方から自動的に個人用のアカウントから引き落とされる仕組みになっています。

もし私のように1セメスターだけの在籍をする場合は退寮する直前に大学寮を担当するデパートメントに直接その旨を伝えておかなければなりません。私はその説明部分をよく読んでおらず、帰国後にアカウントを見ると次のセメスター分の支払いのアナウンスが届いていました。急いでそのデパートメントに連絡をし、十分に読めていなかったことを説明し謝罪すると幸いにも支払いをせずに済みました。ですが、今回の私のように支払いの前に気付き、最善の処置をして頂くことは必ずしも絶対にしてくれることではないかもしれません。

ですので、寮だけでなくキャンパス外で居住する場合もですが、分かりにくく面倒くさいかもしれませんが後々のやり取りやもしかすると経済的な損失を被るかもしれないことを考えて、隅々まで契約書を読み、不明点があれば必ず質問するようにした方が良いと思います。

まとめ

アメリカの交換留学を考える時間

いかがでしたでしょうか?テキサス州で留学生活を過ごす池谷さんですが、住居に関して最初の自分の希望通りにはならなかったようです。しかし、住んでみると意外に良かったという印象を持たれていたので、この辺りの事情は主観的で個人差もあるところでしょう。テキサス州のテキサスA&M大学(TEXAS A&M University)に留学する池谷さんですが、その様子は引き続き、このmAmerica(まめりか)で共有していただきます。次回の投稿もお楽しみに!

 

アメスマ広告